猫と水槽

海水 イエローテールのカテゴリーです。

普段は安定してるのに・・・

2008年10月25日 22:39

一昨日は久しぶりに我が家へ帰ってびっくり

なっ・なんと水槽付近から、カラカラとやたら煩いモーターの異常音がしてました。

まず、カルシウムリアクターのポンプから異常音がしてたんでモーター停止!!
モーターの電源を入れるとカラカラ音が再発するので発生源は決定したものの、なんで?

とりあえずモーターを分解して見るしかないので、リアクターの海水を抜こうとフタを開けると

海水がありません。

リアクターからの排水パイプからは海水は全く出てません。

で、モーターは海水が無い状態でカラカラと空運転していたようです。

原因はCO2のスピコン付近に掃除機が当たって調整が崩れたようでCO2がボコボコと泡立ってて凄い勢いで添加されてました。

これが海水に溶ける分けが無く、1STステージのタンク内の海水はすべて2ndステージに追いやられCO2タンクと化してました。

2ndステージは下から入って上へ抜ける構造にしてたのでCO2がボコボとメディアの隙間を抜けてパイプからCO2だけが出ていたようです。

CO2の添加量を再調整して、スピコンのロックネジを緩まないようにセットしました

久々に水槽を眺めると癒され方も2倍・2倍(笑)

8102501.jpg


これで、バッチリと言いたいところですが、どうもサンプからもカラカラ音がしてて

原因は先日クリーナーとして導入した巻貝の稚貝でした。

OFからサンプへ移動したやつが5匹くらいいて

そのうちの1匹がメインポンプに吸い込まれてカラカラ回転してました

処置はこの稚貝を除去しただけで終わりなんですが、実際にはポンプ止めて、サンプの水抜きして、ポンプ分解して・・・と結構な労力を使ってます。
8102502.jpg


ところで、我が家の水槽で1匹だけ健在のヤッコ

インディアン・イエローテール(クロシテン)ですが、この2ヶ月でかなり大きくなりました。

8102503.jpg

ハマチことアカネハナゴイには体長ではちょっと負けてますが、この水槽のボスです。
8102504.jpg

8月12日の入海時はこんなにおチビさんだったのに、今では約2倍の体長8~9cmくらいあります。
p_8081203.jpg



来週も月曜日から木曜日まで出張です^^;;
出張中に水槽のトラブルがありませんように!!
安全祈念のポチッとをお願いしますm(__)m
クリックお願いします

2008年10月25日 22:39 トラックバック(0) コメント(7)

事の顛末

2008年08月12日 09:53

レモピーが☆になった経緯を反省を踏まえて記録に残しておきます。

土曜日にスキマーのレベルアップのため部品を調達した際にショップに立ち寄り一回りしました。
すると、こうなるわけで(^^;;
袋の中身は

p_8081201.jpg

メガバイトグリーンのSをガツガツ食って元気な子です。
p_8081202.jpg
連れ帰ったのはインディアンイエローテール・エンゼルフィッシュ

ちびヤッコが目に止まり現在のお魚の勢力図を店長に説明し、このちびヤッコの混泳についてアドバイスしてもらいました。

アイビー) いま、ヤッコはフレームとレモンピール、クイーンがいて、以前はフレームが追っかけ回してたけど、この前のクイーン入れたらおとなしくなったんですよ^^
この状態にこのちびインディアン・イエローテール入れても大丈夫!?

店長) フレームとレモンピールはあまり気にしないけど、クイーンが追っかけるかなぁー
多分、大丈夫だと思いますけど…

そこで思ったのはうちのクイーンは入海当初から他の魚を追っかけたりしなかったし、体長的にも相当違うから大丈夫!!

アイビー) これ下さい(笑)
p_8081203.jpg

ところがこの日の消灯前にアクシデント発生!!

ゆっくり寝れるようにと隔離部屋にライブロックを入れてやろうとした瞬間に、びびってジャンプ!!

いきなり本水槽に飛び込みました
p_8081204.jpg

すると水槽内の様子が一変
p_8081205.jpg

こんなおちびさんなのに、みんな寄ってたかって突っつきます
p_8081206.jpg

クイーンなんて5倍くらいデカいから無視すると思いきや
p_8081207.jpg

凄い勢いで追っかけました。
このクイーンはおとなしくて誰も追いかけないし、最初からボスとしていたかのような余裕の振る舞いだったのに( ̄□ ̄;)!!
p_8081208.jpg

いつもと目つきまで違うような
p_8081209.jpg

この騒動でちびインディアンとちびレモンの2匹がコーナーカバー付近に避難
レモピーは誰からも追っかけられているわけではありませんが、一変した水槽の雰囲気にびびった様子
p_8081210.jpg

インディアン・イエローテールはこの時点で背ビレがボロボロになるほどでした
p_8081211.jpg

自分達しか入れない狭い岩場に避難した2匹
レモピーは綺麗な姿で寄り添っているかのようでした。
p_8081212.jpg

で、翌朝はインディアンの姿は確認でき、大丈夫な姿を見てバタバタと出勤
p_8081213.jpg

ところが、09:38に嫁さんから緊急メール
「レモピーが・・・

いったいどうしたんだろう??

レモピーは追っかけられていなかったし・・・

ストレスかなー

帰宅後に亡骸を回収すると
p_8081214.jpg


カニ退治作戦を決行すべし!!と思ったら
アドバイス&ポチッっとお願いしますm(__)m
クリックお願いします

2008年08月12日 09:53 トラックバック(0) コメント(8)