猫と水槽

DIY スキマーのカテゴリーです。

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 --:-- トラックバック(-) コメント(-)

スキマー改良+α

2009年03月26日 23:33

先日の休みにスキマーを改良しました。

もともと昨年の夏休みに構想があったものの、材料調達で折れてしまいとりあえず運用してましたが、とりあえずが半年以上も経つとやる気も無くなってきました。

詳しい記事は今度の日曜くらいに書くつもりでしたが、今日帰宅すると即効で記事にする出来事が発生したので、ついでとなりますが改良したスキマーの写真だけでも紹介しときます

【before】
9032601.jpg


【after】
9032602.jpg


そして、ニュース速報
9032603.jpg


ちなみにスキマーはまだ未調整で、現在休止中です

スポンサーサイト

2009年03月26日 23:33 トラックバック(0) コメント(4)

夏休み企画第一弾 final

2008年08月15日 00:28

今日は久しぶりに水質検査をしてみました。
スキマーの威力を比較する為にデータを残しておこうと考えたのですが・・・

毎度のことながら異常なし

NO2 ほぼ0 これは不変かも

p_8081401.jpg

NO3いつもの5.0付近。こちらは出張続きとかで水換えをサボると次の20くらいになったこともありました。
p_8081402.jpg

アンモニアもいつもの色。これも不変かな!?
p_8081403.jpg

で、リアクター自作してから測りだしたKHはというと

これまたいつもの 8
なかなか上がらないのは何故??
p_8081404.jpg

ちなみに生産水は・・・ 26
2秒1滴くらい生産してます。
p_8081405.jpg


今日も前置きが長くなりましたが(笑)
スキマー改良の最終報告です。

泡立ちもマイルド

いつもショップで見とれていたバレットと同じ泡です


でも、ちょっと待ってください

エアーの吸入調整冶具がありません

そーなんです【今日も ・ ・ ・ キタ~~】通常のエアポンプ用のチューブを付けてたんですが、エアー不足でいまいちの泡だったんで外しました。

現在、ソケットを付けていた直径5mmの穴で無調整で吸い込ませて、やっとこの泡です。
今でもまだ、エアー不足ぎみなんで、明日は、この穴を8mmに広げてバルブを付けます。
p_8081406.jpg

今まで使用していた東熱のスキマーと大きさを比較すると大きさはさほど変わりません
もっと大きな器が欲しかったけど・・・次のシリーズ(SA-202x)から一気に高くなるんですよね~
べケットヘッドはもうひとつ買い置きがあって、デカイアクリルパイプで自作してダブルで泡立てようと計画してたんですが、まー今回は様子見ということで
p_8081407.jpg

さて、我が家の水槽クーラーはベランダに置いてます。

当初は水槽台に内臓する予定でしたが、いろいろな方のアドバイスがあり外だしに決定!!

1.8mの高さに開けられたエアコン用のダクトから出してます。だから、サンプから1.8m立ち上げていったん外のクーラーへ落ち、クーラーからの水をまた1.8m上げて水槽に入れてるんです。
この高低差にOR3500では太刀打ちできず、メインポンプをRMD551に変更するはめとなりました
で、1.8m上がった水をまたまた下に落としてOF二重管の中を通すとさらに負荷がかかるので、ピストルを使わず水槽の横に穴を貫通させて入れてます。

で、使用しないピストルの穴は塞がないと水が落ちてくるわけで・・・
p_8081408.jpg

そこで、昨日調達した50エルボーと13ソケットの出番です。
p_8081409.jpg

そーなんです【また キタ~~】
ピストルも自作です。製品買ったら950円くらい。50エルボーと13ソケットあわせて100円くらい。
塩ビ溶接は持ってないので、なんでも着けちゃうDIYご用達の強力接着剤で接着&内側はシーリング
p_8081410.jpg

早速取り付けて、今日到着したばかりの殺菌灯に接続。

殺菌灯も自作しようと考えた時期があったのですが、色々調べているうちにメーカーの構造が一番いいこという結論に達しました

殺菌灯に使用される紫外線は水中では数センチしか通らないこと

だから、この狭い空間を効率よく水を通す必要があり・・・ということでした。

そこで機種の選択ですが、北海道のスイハイで見せてもらった2つのメーカーの殺菌灯の構造から欠点を消去法で消したらカミハタの構造が一番良いと思いました。

この紫外線、とてつもなく破壊力があり、プラスチックなども劣化させます。

そーなった時に事故にならないことが一番です。さらに、劣化した部品が交換できること!!


この時点では「東熱」と「カミハタ」が残ってました。

しかも、交換部品が身近に手に入り安価なこと!!

これでカミハタの勝ちとなりました。
もちろんカミハタのはプラネジが弱くて締めすぎると簡単に割れる欠点も承知の輔
p_8081411.jpg

でもなんでこんな場所に付けたの!?って声が聞こえてきますが、壁際に縦置きに設置するとポンプが停止したときに水位が下がり殺菌灯だけが空焚きするんです。

これまた、スイハイでシューシュー音をたてる殺菌灯の内部を見せてもらったおかげです。

でも横置きだからって、こんなサンプの真上じゃなくて下の空いてるスペースに設置すりゃーいいじゃん!!という更なる声が聞こえてきそうですが・・・

そーなんです【いいかげん飽きたぞ!!】カミハタの欠点が何時水漏れ事故につながるか心配だから、空中内部式にしました(爆)
p_8081412.jpg

設置完了!! スイッチ オ~ン
p_8081413.jpg


ガ~ん

いきなり水漏れです

でも大丈夫、この下はサンプですから

点検窓から水漏れしてますが、特に割れた箇所はないので細いOリングを手持ちの厚手の平パッキンに変えたら多少おさまり写真のポタポタ状態になったのです。

パッキン交換前はほんとジョボジョボと漏れてきてビックリしました。

初期不良の可能性大でお盆休み明けにメーカーへ問い合わせてもらうことになってます。


ノズルの作成まで手が回らなかったので、仮給水中ですが、左から入ってきてる16パイプがクーラーからの冷たい水。
OFの二重管から上がってきてるのが、殺菌灯からの綺麗な水。
p_8081414.jpg

明日は、夏休み企画第二段が始まるんだね!?
と思ったら応援のポチッとお願いしますm(__)m
クリックお願いします

2008年08月15日 00:28 トラックバック(0) コメント(4)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。