猫と水槽

ペットの猫と熱帯魚のブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 --:-- トラックバック(-) コメント(-)

また失敗

2009年04月30日 23:56

4月16日生まれのカクレ稚魚が5匹も逝ってしまいました

それも、またしても人的ミス

実は今朝の餌やりのときに、ベビーブラインが光に集まる習性を利用して蛍光灯の光に集まるようにエアレーションを停止!!


そうです。エアレーションの再開を忘れてました

普段はニモの負担にならないように軽めにエアレーションしてますが、この状態でもブラインには大洪水状態で水槽の中をゆっくりと流れる水流に巻かれて循環してます

で、4月16日生まれのカクレ稚魚や4月28日生まれたばかりのカクレちび稚魚に少しでも餌を食べるチャンスを増やそうと、新規のブラインを水槽に放つ前にエアレーションを停止して水流をなくしたのです。

ここまでは思い通りに運び、ブラインの塊ができてピンクに染まったガラス面を稚魚達が競ってつついていました。

あとは、バタバタと準備して会社に出かけたわけですが、嫁さんが昼2時頃に異変に気づき、エアレーションのスイッチを入れたらしいのです。


帰宅して恐る恐る水槽を確認すると、8匹のちびニモ兄ちゃん達は全員無事でしたが、約20匹いた!?弟達のうち5匹が☆

意外にも3番目のカクレちび達は10匹程度しか落ちてませんでした。【体が小さい分酸素摂取量も少ないのかな?】

残ったカクレ稚魚を目視で計数すると、15匹確認できました。
やっぱ20匹であってたみたい


稚魚達のためにとやったことがアダとなりました

やったこと自体はいいんですが、その後のミスが痛い
ニモの成長は早いけど、自分の成長がね~・・・

スポンサーサイト

2009年04月30日 23:56 トラックバック(0) コメント(3)

2番目の兄弟達

2009年04月30日 00:36

今日でちびニモが26日目、2番目の兄弟・カクレ稚魚の方が13日目です

以前ちびニモたちが好きだった右奥のコーナーは、現在2番目の兄弟達が占領してます。
下の写真では8匹の兄弟が薄っすらと第2ラインが見えはじめたところです。【明日で2週間】
○で囲んでるのが約1ヶ月になる兄ちゃんのちびニモです

ポチッと拡大


他の兄ちゃん達は追いやられて右下のコーナーでたむろってます

○で囲んでるのが約1ヶ月になる兄ちゃんのちびニモです

ポチッと拡大


昨夜生まれた稚魚は今朝までほとんど落ちてなかったのに、帰宅したら相当落ちてました。

それでも、まだ50匹以上はいると思います。
【水槽のガラス面に群がってます】

海水がバスクリ○みたいに緑色に見えるのは生クロレラを添加しているからです。

<<携帯から訪問の方はこちらから>>


毎日同じ写真を見てる!?ような気がして目眩が・・・
と思ったら!!応援ポチッとお願いします^^
クリックお願いします

2009年04月30日 00:36 トラックバック(0) コメント(2)

ちびニモに異変(ToT)

2009年04月29日 00:58

今日は予定日

お約束の稚魚救いです

前準備として、稚魚水槽の水を半分くらいに減らし、本水槽から掬った稚魚を海水こどゆっくり放つ計画でした。

さらに、新入りたちがすぐに捕食できるように新鮮なワムシを掬って・・・



あれっ!?

何度掬ってもワムシが捕れない


卵は完全にハッチアウトしていて手遅れ

せっかく1億固体も仕入れたばっかりだったのに、飽和状態のワムシは管理が難しいです

ポチッと拡大





下の写真は今日4/28生まれのカクレちび稚魚無数と、4/16生まれのカクレ稚魚2匹、その他のツブツブはワムシのピンチヒッターベビーブラインです。
接写で撮影のため、カメラのレンズが写り込んでて、大きさが比較できる!?でしょ

ポチッと拡大





ところが、水槽の底ではまたしても異変が


ちびニモがフラフラと横たわってます

写真には2匹しか写ってませんが、元気よく泳いでいるのは8匹中の2匹だけ

後は底でフラフラ

しかもこの2匹は横になったまま、ほとんど動かない
4/16生まれのカクレ稚魚の方も数匹がフラフラ&ボテッ!!

ポチッと拡大






下の写真では

左下が4/3生まれのちびニモの中で一番成長が早い元気な子【真っ黒な胸ヒレ、先の広がった尾ヒレ、尾ヒレの根元に第3バンド】

左上に4/16生まれのカクレ稚魚【尾ヒレはまだおたまじゃくし状態、第1バンドが薄っすら】

中央付近には今日生まれたカクレちび稚魚

が写ってます。カクレ3兄弟です

ポチッと拡大

こうやって上層で元気よく泳いでいるのは数匹だけです。






上で紹介した長男と次男にズームインしてみましたので比べて見てください。
2週間の差でこんなに違うんです。

もちろん、今日生まれた稚魚なんてまだプランクトン状態です
プランクトン並みに小さい稚魚へは数百ミクロンのワムシが必要なんですが

なんとかストックバケツの隅々まで掬って、少しでも食べさせてみます

ポチッと拡大

続きを読む

2009年04月29日 00:58 トラックバック(0) コメント(4)

ちびニモ 24日目

2009年04月27日 23:14

今日でちびニモが24日目、カクレ稚魚の方が11日目です

ちびニモは残り8匹となりましたが、カクレ稚魚は2~3日に1匹くらい落ちてて残り20匹くらいになりました。


ポチッと拡大・かわいいよ~^^


動画はこちら

<<携帯から訪問の方はこちらから>>


かわいいぜベビ~と思ったら!!
応援ポチッとお願いします^^
クリックお願いします

2009年04月27日 23:14 トラックバック(0) コメント(10)

こんな水草入れたっけ!?

2009年04月26日 11:07

うちの淡水水槽、別名グッピー&ミナミ養殖槽にも少しくらい緑がほしいとアヌビアスナナを入れた記憶はありましたが、なんか茎がしっかりしてて背の高い水草を発見

9042601.jpg


ちょっと寄って見ようとすると・・・

おまいら邪魔

9042602.jpg


で、グッピーの隙間から微かに見える立派な茎

茎の周りにはフサフサの毛布みたいな葉が生い茂ってる

9042603.jpg


もうバレバレですが、エアチューブの周りに生い茂ったコケです

この場所はカーテンの隙間から木漏れ日のように光が差し込む場所で、光が当たる面だけがコケコケ状態

しかもこのチューブ

CO2の添加用でCO2ストーン直結だから、ストーンからのCO2がチューブに絡まるように上がってる場所で水草や苔にはもってこいの場所(爆)
9042604.jpg


底に置いてる溶岩石も光が当たる面だけがコケコケ
9042605.jpg


もちろん、ナナの葉っぱも光が当たる面だけがコケコケだったのですが、現在はニキビの後みたいにボコボコです。
9042606.jpg



頑張れミナミちゃんと思ったら!!
応援ポチッとお願いします^^
クリックお願いします

2009年04月26日 11:07 トラックバック(0) コメント(3)

新たな発見!!

2009年04月26日 09:11

昨日のブログでちびニモまで☆になったと「続き」を書きましたが

大きな判断ミス


をしていた可能性が出てきました

あの後、もう1匹横たわるちびニモが居て、観察しているとフラフラとして横になりエラ呼吸のみ

しばらくすると何かに反応したかの様にピクピクと動きだし、しばらくクネクネ泳ぎ【以前のブログに書いた計数中にフラフラしてて、その後☆になったと思われる稚魚と見た目は同じ症状】


こいつもヤバいなぁー・・・

おっ、こっちにもヤバいやつがいる
こいつ、まったく動かないじゃん・・・・もう逝ってる

いったい何なんだ


水槽の上部にいるちびニモは狂ったように泳ぎまわり、時々水面からジャンプするやつもいるのに対し、水槽の底をクネクネ泳ぎしているやつは、どれもヤバい泳ぎ方で今夜が峠かよ!?って感じでした。

後から横になったちびニモはまったく起き上がることも無く横たわったままで、蛍光灯を点けて見ても反応無し



そこで、ふと思い出した事が


この状態は以前にも経験した事がある

あの時はショックでテンションが下がり、そのまま放置して寝た

翌日、1匹も落ちていなかったのでラッキーだったと思った。

ひょっとして、死んでるんじゃ無くて(フラフラ → 仮死状態 → 変体の影響 → 耐えぬいた稚魚だけが成長 → ダメだったら☆)みたいな事が起こっているのかも



そんな微かな期待をして、フラフラしている稚魚と横になったままで、エラ呼吸も止まったように見える稚魚を放置したまま布団の中へ

明日の朝どうなっているのか?

2匹とも☆!?

1匹は☆で色が白くなってる!?

2匹とも泳ぎまわってる!?







2匹とも泳ぎまわってました!!!!!



こっ、この事実は・・・

今回も前回も単なるラッキーでなく、「何かが起こっている過程かも」と考えるようになりました。

今後は、横になった=☆では無く、最低1日は様子を見て体の色で判断します。

あー、昨日の最後の写真の稚魚も生きてた可能性大

2009年04月26日 09:11 トラックバック(0) コメント(5)

【動画】カクレクマノミ稚魚 22日経過

2009年04月25日 22:37

昨日は東京へ出張でした。夕方から小雨で、今朝には本降り

今日は午後からもっと激しく、雷雨やがに注意が必要

九州は午後から晴れて・・・との天気予報で飛行機を早い便へ変更してあわてて帰ってきました

福岡に着くと雨も上がってて晴れ間も見えてたんですが、今は物凄い風が吹いてます




帰宅すると、そこには癒しの空間

猫と水槽


9042501.jpg

が待っていました



この絵がなんとも癒されるんです

猫好きの人にはたまらないポーズかも





何を見てるのかなぁーと寄ってみると
9042502.jpg
決して発砲スチロールに書いてある「B」を見つめているわけじゃありません





9042503.jpg
コケまくりのちびニモ水槽を見てます。




2日分の沈殿物で水槽の底もゴミだらけ
できるだけ掃除はしないつもりでしたが、見るに見かねて掃除してしまいました。


では、4/3の夜に生まれたカクレの稚魚【クネクネ泳ぎも当たり前になったので、ちびニモと呼びます】と4/16の夜に生まれた稚魚【その後2匹しか落ちてないし、現時点でも多数健在で計数不可能】の動画をご覧ください。

<<上のが見れない方や携帯で訪問の方はこちらから>>


稚魚達の負担にならないようにそーーーっと掃除してるんですが・・・

何もしなければ落ちないのに

ちょっとメンテしただけで3匹も☆になりました

9042504.jpg


体が小さいので時間が経つと白くなりますが、メンテ直後にフラフラとして逝ってしまったのです。

水流には細心の注意をはらってるんですけどね~難しいなぁ~

続きを読む

2009年04月25日 22:37 トラックバック(0) コメント(3)

やはりダメでした

2009年04月22日 00:48

4月19日の計数中に横たわった稚魚だと思います。

18日を経過した稚魚は残り9匹です

体の色もオレンジになってきて、背ヒレ、胸ヒレがはっきり識別できる程度まで成長していました。

体調は6.5mm まだまだ小さな体です。

9042101.jpg


でも、4月16日の夜孵化した稚魚達は19日の水換え・水槽清掃のミスでほとんどが☆となりましたが、その後は順調です。計数は命取りなんでやりませんが目測で50匹程度は生存していると思います。

2009年04月22日 00:48 トラックバック(0) コメント(5)

【動画】カクレクマノミ 産卵

2009年04月19日 20:54

過去何回も産卵しているのですが、帰宅したら産卵してたってことばかりで、なかなか産卵に立ち会うことができなかったのですがとうとう動画を撮影することができました

これも貴重な資料として残しておきます

オスとメスがライブロックに交互にお腹をこすりつけるような動きをして、見る見るうちにオレンジ色のツブツブが広がっていきました。


<<携帯から訪問の方はこちらから>>



高速ネットワークの方はこちらの鮮明動画もどうぞ

2009年04月19日 20:54 トラックバック(0) コメント(6)

カクレ稚魚の弱点

2009年04月19日 19:07

今日は非常に重要なことを記録に残します。

それは

カクレクマノミの稚魚は水流に弱い!?

ということです。

カクレクマノミの稚魚の飼育については過去に経験した人達がブログやホームページに記録を残されていますが、大半が産卵から稚魚の採集までの注意事項です。

最初の稚魚の採集では「網を使ってはダメ!!とか、乱暴に掬うと稚魚が目を回して死んでしまう」などの注意が書かれたサイトは多いのですが、その後は成長の記録がほとんどで特別な注意事項は無かったと思います。

よく調べれば同じ経験をして注意を促していた人がいたかも知れませんが、私の実体験から確信した重要な注意点です

今後、稚魚を飼育してみようと思った人がネット検索した時にヒットして参考になってくれるとうれしいのですが、

稚魚を本水槽に放すまでは稚魚を掬う行為をできるだけしないことが生存率を高める一番の対策です。

そのため、稚魚水槽の掃除は、稚魚は水槽に入れたままで行える範囲でやりましょう!!

コケコケ水槽になろうが、ガラス面が汚れて稚魚の観察がしにくくなろうが、水槽の水をかき回さず、底に溜まった死骸やゴミだけを吸い出して、海水もゆっくり抜いて、ゆっくり足し水すること!!

稚魚を別の水槽や容器に移すと間違いなく死ぬやつが多いし、即死でなくても弱ってて翌日とかに死ぬ確立が高いです。




  1. 上の方を泳いでいる元気な稚魚をコップで掬って別の容器に移しただけで落ちてしまう!!

  2. しかも、生まれたばかりの稚魚だけでなく、2週間経過して順調だった稚魚までも、同じやり方だとフラフラと横たわる。

  3. 稚魚の計数をしようと1匹ずつ掬った日にも状態が急変した稚魚がいた。結局☆

  4. ヤバイと思って計数は中止したが、水槽の清掃と水換えをしたら、前日まで安定していた稚魚が翌日の日中に大量の☆

  5. 孵化したばかりの稚魚を掬う時も、ゆっくり誘い込んで掬った時は大半が2日~3日は落ちないが、水流を使って流し込んだり、網で掬った時は翌朝には全滅に近い状態で☆



こんな感じで過去の失敗を振り返ると、どうも稚魚の扱い方が乱暴だと即死

ちょっと雑だったかな!?程度でも相当なダメージを受けています


4月15日の記事【今日は5匹☆】にも書いたのですが
>>ところが、5匹目を掬ったときに1匹がクラクラとして横たわり、もう1匹も変な動き
なんとなくヤバイ気がしたので、ここで計数は中止し、水槽の掃除&水換えのみを実施しました。
結局、この1匹はダメポ状態だったのであきらめ、底に横たわっていた4匹とあわせて5匹が☆となりました。



翌日4月16日の記事【残り12匹 (ToT)】では
>>やってしもーた
今朝の餌の時間には1匹も落ちてなかったのに帰宅すると大量の死骸
一気に29匹も逝ってしまいました。

いったい何が起こったのか
昨夜、水換えをしたのが合わなかったのか
比重でもおかしくなったのか
比重は異常ないし、雑菌でも入ったの

はっきりした原因は分かりませんが重大ミスをしてました

ミス1
昨夜の水換え時に水槽を洗うため、ヒーターの電源を切ったのですが入れ忘れてました。
水温は23度まで下がってましたが、これが原因なのか???
ヒーターの電源を切ったのは昨夜で、今朝の餌の時間はみんな元気でした。

ミス2
エアレーションが停止してたらしい。
1台のポンプで3分岐させ、水槽とブライン孵化器1(朝用)とブライン孵化器2(夜用)に供給しているのですが、なんかの拍子にブライン孵化器側への供給が増え、稚魚水槽のエアレーションが停止していた模様。
もともと大きな水流で稚魚の負担にならないようにと小さな泡がでるストーンを使っていて、エアーの量もかなり絞ってました。
それが災いしたのか、水圧を持ち上げられないところまで低下し、完全に泡が出なくなっていたようです。
水温23度も厳しいといえば厳しいけど、可能性としては2番目の原因で酸欠したのではないかと思います。


そして究め付けが今日
お休みだし、稚魚水槽の掃除でもして・・・と作業をした結果、作業前までピンピンしてた稚魚達が、作業中にどんどんおかしくなって逝ってしまうのです。

先日生まれた稚魚がバタバタと落ちるだけではなく、2週間を迎えた稚魚でさえ横たわってエラだけが動いているのです。


普段は専用冶具で水槽の底に溜まったワムシや稚魚の死骸を吸出して、海水が減った分だけ新規で作った海水を足し水していることは以前の記事でも書きましたが、
たまには水槽自体の掃除もしようと、水槽内の稚魚をいったん別の容器に移す作業をしました。

もちろん、移す先の容器は綺麗に洗って、稚魚水槽の海水をある程度ためて水温も保持したものです。

この容器に、コップで稚魚を掬っては移し・・・と繰り返し作業したのですが、もとの稚魚水槽では上層を元気に泳いでいた稚魚が、移した先の容器で横たわるやつが多いのです。
さらに、クネクネ泳ぎを始めた稚魚の1匹が掬って移した途端にクラクラと横たわったしてしまったのです。

今は10匹とも元気に泳いでいますが、エラ呼吸だけしてた稚魚はそのうち落ちるかも!?

おとといの夜に掬った数百匹の稚魚は、今回の作業で大半が死んでしまいましたが、残った稚魚でがんばります。
かなり死んでしまいました


残った稚魚はこのくらいです

残った稚魚

2009年04月19日 19:07 トラックバック(0) コメント(2)

カクレクマノミ稚魚 15日経過

2009年04月18日 22:04

15日目を無事超えることができたカクレ稚魚は残り10匹となりました。
ちょっと残念なミスを起こしてしまいましたが、15日目を無事超えることができた稚魚には第二ラインが見えはじめました。

おとといの夜に孵化した新稚魚達も極端に落ちること無く楽しみです

ポチット拡大


薄っすらと第二ラインが見えてるでしょ!?
あと泳ぎ方もクマノミらしくクネクネと泳いでいたので動画を撮影しました。

ポチット拡大

カクレクマノミ15日経過【クネクネ泳ぎ】

<<携帯で訪問の方はこちらから!!>>

2009年04月18日 22:04 トラックバック(0) コメント(3)

新緑の初夏も間近

2009年04月17日 13:03

今日の博多は暑いかも(^^;;

変な天気が続いてますが、着実に夏が近づいてます♪

今位の気温ならヒーターはいらないし、水槽クーラーの稼働もそこそこで電気代も安くあがるのにね(笑)

今日は日差しも強く、ついつい街路樹の影を歩いてしまいます。
緑も眩しくなってきたしいよいよ初夏ですか?


博多駅前

2009年04月17日 13:03 トラックバック(0) コメント(4)

残り12匹 (ToT)

2009年04月16日 23:34

やってしもーた

今朝の餌の時間には1匹も落ちてなかったのに帰宅すると大量の死骸
一気に29匹も逝ってしまいました。

ポチッと拡大

ポチッと拡大


残った方が少なく、たったの12匹です。
ポチッと拡大




いったい何が起こったのか

昨夜、水換えをしたのが合わなかったのか

比重でもおかしくなったのか

比重は異常ないし、雑菌でも入ったの



はっきりした原因は分かりませんが重大ミスをしてました
ミス1
昨夜の水換え時に水槽を洗うため、ヒーターの電源を切ったのですが入れ忘れてました。

水温は23度まで下がってましたが、これが原因なのか???

ヒーターの電源を切ったのは昨夜で、今朝の餌の時間はみんな元気でした。


ミス2
エアレーションが停止してたらしい。

1台のポンプで3分岐させ、水槽とブライン孵化器1(朝用)とブライン孵化器2(夜用)に供給しているのですが、なんかの拍子にブライン孵化器側への供給が増え、稚魚水槽のエアレーションが停止していた模様。

もともと大きな水流で稚魚の負担にならないようにと小さな泡がでるストーンを使っていて、エアーの量もかなり絞ってました。

それが災いしたのか、水圧を持ち上げられないところまで低下し、完全に泡が出なくなっていたようです。


水温23度も厳しいといえば厳しいけど、可能性としては2番目の原因で酸欠したのではないかと思います。






ところで、今日はハッチアウトの日でもあります。予定日もさることながら、卵の状態で今日はハッチアウトするぞって分かるようになりました。

ポンプと照明を消して別の部屋へ行き「秘密のケンミンSHOW」を見ながら待機



40分ほどして確認するとまったく孵化してません。水槽内は一匹の稚魚も泳いでいなかったので、あちゃー読み違えた


と、さっさと部屋の明かりをつけてポンプのスイッチを入れようとしたその瞬間、目の前に数匹の稚魚を発見


あれーーーっ、まったく孵化してないと思ったのにちょっとだけ孵化してたのかぁー

と、掬う準備をしたら水槽のガラス面には稚魚が溢れてます


<<携帯から訪問の方はこちら!!>>


どうやら、たった今ハッチアウトが始まったようで、卵から次から次へと稚魚が飛び出し、水槽の上層に向かって気球が高速上昇するかのようにあがっていきます。

ものすごい数で、多いときはエアストーンから泡が出ている時のように綺麗です。

クネクネ泳ぎをはじめたばかりの14日目のカクレ稚魚と、今日生まれたばかりの稚魚が同じ水槽で泳いでます。


<<携帯から訪問の方はこちら!!>>

続きを読む

2009年04月16日 23:34 トラックバック(0) コメント(4)

今晩だな^^;

2009年04月16日 06:54

4/8に産卵した卵がいよいよ準備万端のようです^^

今朝のメタハラ点灯前の様子

9041601.jpg


もうほとんどワムシが残って無いので無理だと思いますが、やれるところまではやってみます。

ps.メスのお腹がすでに膨らんでいるような
単なるメタボならいいんですが

2009年04月16日 06:54 トラックバック(0) コメント(3)

今日は5匹☆

2009年04月15日 22:14

昨日からまた出張してたんで、移動中のJRから皆さんのブログ訪問とか久しぶりにゆっくりできました

さすがに2時間も携帯で訪問したりコメント書いたりしてると満タンだった電池が切れてしまいました

本当は日帰りの予定でしたが飲み会が長引き終電に間に合わずに泊まりになるし携帯の充電器は持ってきてないし・・・稚魚への餌やりは指示してなかったしと心配ごとばかり。

とりあえずコンビニで即席充電器を買ってきて、嫁さんにメール

アイビー:「今日泊まり。稚魚に餌やって!!。コーヒーの瓶でブクブクしてるやつ。2本のうち向かって右側が夜用。ペットボトルで作ったやつに入れて、黒いカバーを掛けて10分放置。ワムシ用のネットをセットしてバルブを開くと出てくる。それを全部稚魚の水槽に入れる」
嫁:即答で「もうやった!!」
アイビー:「外のワムシも1杯でいいからやって!!」
嫁:・・・「分かった!!」
なんてカクレ飼育のやり取りのみのメールでした(爆)


で、今日帰宅して水槽を見ると4匹が☆

水槽の底のゴミもたまってきたので掃除&大幅水換えをしようと思い、ついでに1匹ずつ再計数

ところが、5匹目を掬ったときに1匹がクラクラとして横たわり、もう1匹も変な動き

なんとなくヤバイ気がしたので、ここで計数は中止し、水槽の掃除&水換えのみを実施しました。
結局、この1匹はダメポ状態だったのであきらめ、底に横たわっていた4匹とあわせて5匹が☆となりました。

残り41匹のはず!?

2009年04月15日 22:14 トラックバック(0) コメント(2)

今日は2匹が☆

2009年04月13日 23:14

もう、ここまできたら落ちそうな気がしなかったんですが、2匹も逝ってしまいました

底にワムシの死骸に埋もれて横たわってました

クリックで拡大


一見、お腹付近の赤みが強すぎて異常な感じですが、ピンピン泳ぎ回っているやつも銀色にキラキラしたお腹のやつや、赤っぽいやつなどまだまだ進化の過程みたいです。胴体の長さがやっと5mmくらいです。
クリックで拡大



稚魚水槽の水面に浮いてる粉みたいなやつが「おとひめB1」です。

<<携帯から訪問の方はこちらから>>



おまけ~

久々の水槽全景です
クリックで拡大


クリックで拡大

2009年04月13日 23:14 トラックバック(0) コメント(5)

【動画】カクレクマノミ稚魚 11日目

2009年04月13日 00:31

クマノミ独特のクネクネ泳ぎはまだしませんが、生まれたての頃はあまり移動せず定点でチョロチョロしてたものが、10日をすぎる頃には一人前に泳ぎ回ってます


<<携帯から訪問の方はこちらから>>


そろそろ人口餌を与えようと思いネット検索したところ、養殖産業では名高い某社の「おとひめ」がヒットしました。

通販では「おとひめ  S2 2kg 4200円」と100グラム210円ですが、餌の写真には対象物が無いし、粒の大きさが表記されているもののわかりにくかったので、ショップで小分けして販売しているものから黄色の3種類を100グラム500円くらいで買ってみました。
それでもメガバイトの3分の1(^^;;


B1=粒大:0.36mm以下
B2=粒大:0.36~0.62m
C1=粒大:0.62~0.92mm

S1=粒大:平均 1.0mm
C2=粒大:0.92~1.41mm
S2=粒大:平均 1.4mm

ポチッと拡大


結果的にB1は粉、B2はカス、C1で小粒くらいの大きさで、写真は皆さんおなじみのメガバイトの小さじスリキリ1杯を紙の上で広げたものです。

稚魚にはB1を少しずつ与えてみようと思いますが、C1でやっとメガバイトのSサイズくらいです。
S1がシュアーのRくらい、C2がメガバイトのMくらいでしょうか
ポチッと拡大

2009年04月13日 00:31 トラックバック(0) コメント(6)

カクレクマノミ稚魚 10日目

2009年04月11日 22:40

昨夜出張から帰宅したのが夜中の0時半

出張時に食べさせる餌は、出張前日の夜セットした分を当日の夜使用するようにし、また、出張の朝にセットした分を翌朝与えるように頼んでおいたからすべて使い切ってました。

この時間から、疲れた体にムチ打ってブラインをセット


寝たのが1時半で、翌日つーか、もう日付は変わってたので今日と言うのか6時起床、6時半にはゴルフ場へ出発。
自分の準備だけでもバタバタなのに、明日の稚魚の朝食をセットし、今朝はブラインが無い【稚魚水槽の中には前日までに入れたブラインがいっぱいです】ので、冷凍のブラインベビー&クリーンワムシを与えて出かけました。

今日ゴルフから帰宅した後に、またしても疲れた体にムチ打って
稚魚水槽の水換えをしました。

普段は底の沈殿物を海水と一緒に吸出し、汽水を作ってブラインをセット。さらに残りの汽水に塩を足して比重を調整してから、稚魚水槽の水が減った分を足してます。大体1割から2割の水換え程度です。

今日は稚魚を数えながら別の容器に移し、水槽を洗って新鮮な海水に稚魚を戻すので水槽もピカピカ

水換えも8割が新規海水になります。稚魚が小さかったときは、この作業に1時間以上かかって稚魚を丁寧に掬ってましたが、今ではエアレーションの水流の中でも機敏に泳ぎまわっているので、水流を与えても大丈夫かな!?と10分くらいで完了


ポチッと拡大


かなり大きくなってるでしょ
ポチッと拡大


前回の計測で53匹だったはずなんですが、1匹しか落ちていなかったのに48匹しか数えられませんでした。
真上から見るとお腹がポコッとメダボでおたまじゃくしみたいです。
ポチッと拡大


産卵から3日目となった今度の卵は真っ黒になってきました。
ポチッと拡大


口をパクパクさせながら水面を高速で移動する稚魚や、明らかに今、ブラインを食ったな!?って動作をている稚魚が多く、じっとしている稚魚はいないから、このまま全部育つかも

2009年04月11日 22:40 トラックバック(0) コメント(4)

カクレクマノミ稚魚 7日目の夜

2009年04月08日 22:14

今晩の様子

何の変化もありません(笑)

でも、もう少し寄ってみると・・・

ポチッと拡大


成長してます

何がって!?

それは

昨日の朝に与えたブライン(ノーブリウス幼生)が今朝与えたブラインより一回り大きいよで、大粒のブラインと小粒のブラインが泳いでます
ポチッと拡大



それからハタゴが・・・
9040803.jpg



縮んだから、奥の方からニモの卵が出現
9040804.jpg


今回のハッチアウトの直後も塩ビ管をカジカジしてたんで、またかよ!?って思ってましたが、その後変化無しで、いよいよ今シーズンは終了かと思ったのに

別の場所に産みつけたようです。

色合いからして今日が産卵日ですね

2009年04月08日 22:14 トラックバック(0) コメント(3)

カクレクマノミ稚魚 7日目

2009年04月08日 07:36

昨夜の観察では10匹くらい☆になってるかなぁーって感じでしたが、今朝掃除・水換えして計数すると29匹でした。

夜間照明を消したから!?

まだ分からないことが多い中試行錯誤してます


残り53匹 稚魚よりも圧倒的にブラインの密度が高くなってきました^^;

2009年04月08日 07:36 トラックバック(0) コメント(3)

カクレクマノミ稚魚 6日目の夜

2009年04月07日 23:59

底の方に10匹くらい沈んでます。中には横になってるやつも

残り推定70匹

ポチッと拡大


ポチッと拡大写真で見ると分かりますが、稚魚の周りのツブツブはワムシではなくベビーブラインです。

スーパー生クロレラV12を添加した水溶液で孵化させてるから、稚魚に与える頃には栄養満点

しかも稚魚水槽にも超薄のスパクロを添加してるから栄養持続


でもね、ブラインの成長を加速してしまい稚魚の口に合わなくなるかも

2009年04月07日 23:59 トラックバック(0) コメント(0)

カクレクマノミ稚魚 6日目

2009年04月07日 08:40


昨夜の壊滅的状態で一気にテンションダウンしましたが、今朝の水換えでやる気が復活^^

ポジティブ!ポジティブ…!?

水換え前の水槽の様子です
ワラワラと泳いでいた稚魚の数もまばら(^^;;

クリックで拡大


こりゃー生存数は、せいぜい20匹くらいかと思い、中層を泳いでいる稚魚を1匹ずつ数えながら掬い、別に準備した新規海水に移しました。

水槽の水も徐々に捨てながら進行すると、底には数え切れない稚魚の死骸。

さらに気づいたことは、毎日、底に溜まったワムシや稚魚の死骸を吸い出して掃除してた時とは比べものにならないくらいのワムシの死骸(稚魚の周りに写ってる白っぽいゴミ)
9040702.jpg



で、昨夜気づいたのが、ワムシの激減+ブラインも泳いでいない点。

いつもはワムシで乱反射して水が濁ったように見えてたのに、昨夜は透明感があり、明らかにワムシが減ってました。

そして、今朝、大量のワムシの死骸


稚魚の数が多く、餌が足りずに餓死した?とか思ったのですが、どうやらワムシが死んでて稚魚が食べず、結果的に餓死したのかも

培養実験中のワムシもクロレラが減らず緑色のままだし、ストックしてるワムシボトル(レッドシーのバケツ)もクロレラが減らない!

以上のことから、何らかの原因でワムシが全滅してる可能性が高いです。
今日も日帰り出張にしたんで、帰宅したらワムシを調べてみます。



最後に 生き残った稚魚は 82匹^^

2009年04月07日 08:40 トラックバック(0) コメント(4)

出張予定を調整したのに

2009年04月07日 00:21

今日からの出張予定を色々調整して只今帰宅しました。

明日からの出張も近場に集中し日帰りばかりに集約

唯一木曜日だけが宿泊としました。


ところが、今目の前の現実が…

朝は間引きまでして、残ってたカクレ稚魚は皆元気なやつばっかだったのに80%くらい落ちてます(泣)

家族がちゃんとワムシも与えたらしいですが、稚魚水槽内はガラ~んとしてワムシの姿は見えないばかりか、朝投入したベビーブラインの姿さえ確認できません(@_@)


いったい何が起こったのか???

朝の足し水に問題?
餌が足りなかった?
養サックスの燃料切れでなるべくしてなった事象?

明日の朝は落ちた稚魚の数は計数不能です(^^;;

多分、泳いでいる方が数えれるかも(^^;;

2009年04月07日 00:21 トラックバック(0) コメント(2)

カクレクマノミ稚魚 4日目

2009年04月06日 08:20

写真はありません!!

稚魚の記録を残すために携帯から文字だけの更新を行っておりますm(_ _)m

4日目の朝を迎えること無く落ちた稚魚+落ちそうな稚魚(間引き)=57匹でした。
完全に☆だったのは50匹で昨日と全く同じ数。

残ってる稚魚はまだまだ多くて数え切れないけど、このペースで落ちるとあと2、3日で全滅かも(^^;;


見た目には最初の半分くらいになったかなぁー????と微妙ではありますが推定150匹としておきます(笑)


さて、今朝は昨日の朝仕込んだブライン(スーパー生クロレラV12漬け^^;;)を取り出して稚魚水槽に放しました。

そのとき汽水を少し多めに作り、明日用のブラインをセット!
残りの汽水をワムシのキープボトル(レッドシーのバケツ)に追加して、薄くなった分のスーパー生クロレラV12を添加。

稚魚水槽の沈澱物吸い出し、浮遊物吸い出し、油膜吸い出しと作業して稚魚水槽の水位が下がったところへ残った汽水に塩を足して比重調整後に足し水。


ここまでを出勤前にするためざっと40分。

自分の出勤準備よりかかってるかも(笑)

2009年04月06日 08:20 トラックバック(0) コメント(2)

カクレクマノミ稚魚 3日目

2009年04月05日 12:40

初日は照明をつけたまま一夜を明かしましたが、昨夜は消灯してみました。

照明の件もワムシをいつでも捕食できるように3日間くらいは点灯したままの方が良いと書かれたサイト有り、消した方が翌朝の食べっぷりが良いような!?と書かれたサイト有り。

とにかく、いろんな情報が、いろんな観点から書かれているので、これらをどう読み取ってどう対処するかは難しいところです。

ちなみに、専門機関での実験結果やWGの発表などは、さすがに素人には理解不能なことも多いですが、実際にワムシの培養などを経験した後に読むと「なるほど~」って部分もあります。

さて、2日目の夜を通過できなかった稚魚は50匹でした
水槽内の生存している稚魚を数えるのは困難ですが、落ちていった稚魚を数えることは可能なので、自宅にいる時は必ず計数して記録に残そうと思います。

9040501.jpg


そんなわけで2日経過した水槽内には計数不能なたくさんの稚魚が生存しています。
9040502.jpg



ところで、ワムシやブラインを稚魚に与える前には二次培養が必要とされています。
その研究結果の中に、二次培養にて使用した栄養成分を稚魚の水槽に極薄く添加することで、投入されたワムシなどの栄養低下が防止できることがあります。

これはちゃんとした機関が調べてサンプルデータの栄養推移などのグラフもあるので間違いないということで・・・
稚魚水槽にもスーパークロレラV12を5滴ほど添加しました。
9040503.jpg



それから、明日はいよいよ3日目を迎えるので、ブラインベビーも与えようと、卵を孵化器にセット!!
明日の朝にはワラワラと沸いているはずで、ついでにこの汽水にもスーパークロレラV12を添加してて孵化したら即栄養の高いクロレラを食べて頂く予定です。
9040504.jpg



で、なんだかんだと機材が散乱しだしたのと、ヒーターやポンプの節約のために1箇所にまとめました
9040505.jpg


2009年04月05日 12:40 トラックバック(0) コメント(5)

ワムシ培養の記録

2009年04月04日 22:28

ワムシ培養の方法を調べていくと、ヒーターを直接入れてはならないと書いてあるサイトと、逆にヒーターをボトルの中に入れてるサイト、エアレーションは不要!!と書いてあるサイトもあれば、強めにエアレーションすると書いてあるサイトもあります。

まったく初心者泣かせですが、どちら共成功しているようですから、私は間をとって両方の楽チンな方法を採用します。

ただ、ほとんどのサイトで共通の注意点は雑菌が入らないような工夫が必要なようです。

使用する容器類をキッチンハイターなどに浸け置きした後に綺麗に濯いで使用するとか、培養する容器にはフタを付けるとかアルミ箔で覆うなど

それさえ守れば、ヒーターを直接付けようが、「湯煎」方式にしようが、エアレーションをしようがしまいが関係ないってことかな!?

確かに自然界でワムシが生息している場所を調べるとどちらかと言うと酸欠ぎみの場所のような??水流も少なく水が澱んでいるような場所!?のような(笑)

今回は大量のワムシを入手したので培養する必要は無いのですが、逆に培養に失敗してもいい環境だからこそ、培養実験をやっておこうと思います。

まずは汽水を作成1.017

9040403.jpg


ワムシを投入
ちょっと多すぎたかな
9040404.jpg


スーパー生クロレラV12を2滴添加
本当はただの生クロレラを入れるんでしょうが、今回入手したのがスーパー生クロレラV12(1L)だから仕方ないよね(笑)
※ご参考
スーパー生クロレラV12はクロレラの細胞の中に高度不飽和脂肪酸のDHA、EPAを取り込ませたことにより、ワムシの培養と同時に栄養強化を可能にさせた画期的な商品で、生産されたワムシは栄養強化することなく直ちに仔稚魚に与えることができます。
ワムシの増殖に必須のビタミンB12を生体濃縮&クロレラ細胞を高濃度に濃縮!!
作業が簡単で、安定したワムシ生産を実現とワムシの高密度培養も容易です。


これまた、添加する量が、濃い緑色になるくらい添加するように書いてあるサイトと、薄い緑色になる程度を添加して、黄緑色から黄色っぽくなったら追加するって書いてあるサイトもあります。

私の場合、前回、濃縮生クロレラってのを使った時は前者のやり方でしたが、今回のスーパー生クロレラV12は、それに比べると確かに濃度は薄いみたいだけど、大量に入れると臭いので後者の方法でトライします。

で完成!!

エアレーションなし、ヒーターなし(なんせ部屋の温度は水槽のおかげで暖かいですから)、綺麗に洗ったビンに汽水を作ってワムシ入れて、クロレラをちょっとだけ添加!!

これの色が薄くなればワムシが食べてる証拠だからクロレラ添加。

そーなら無かったら失敗だから何か選択肢を変更してリベンジかな!?
9040405.jpg


おまけ~

玄関の下駄箱の上でご主人の帰りを待つアイビー
この寂しげなペットの暇つぶし用に、猫ジャラシとして導入したのが30スリム水槽

当時はいつもアイビーが帰りを待ってるこの下駄箱の上でグッピーを飼いはじめましたが、大繁殖の結果60規格水槽へ格上げし、空いた30スリム水槽に海水を入れてヤドカリを飼ったのが海水へ、のめり込むきっかけとなりました。
9040406.jpg


そして、今30スリムはカクレ稚魚の飼育水槽となっています。

2009年04月04日 22:28 トラックバック(0) コメント(2)

一夜明けて

2009年04月04日 09:12

落ちたのは30匹程度でした。

それでも30スリム水槽内はカクレ稚魚がいーーっぱい
ポチッとクリックして拡大写真でご覧ください

クリックで拡大


小さすぎて、奥の壁なんかにピントが合ってしまい、なかなか拡大の写真が撮れないんですが、このレベルまで拡大するとゴミと一緒にまわりのワムシも写ってます
クリックで拡大9040402.jpg


さーーて、来週からの出張対策を考えないと・・・

2009年04月04日 09:12 トラックバック(0) コメント(5)

もう飽きた!!といわれそうだけど^^;;;;

2009年04月04日 01:10

カクレの卵が孵化しました

カクレクマノミは海水の入門用として2匹買いはじめ(しかもテストフィッシュ)

まる2年経過しました。

昨年10月に初めて卵を産んだから1.5年経過でペアとなったわけですが、年末までに4回産卵し、年明けもこれで4回目かな!???

もうそろそろ数える気力もなくなりつつありますが、先ほど稚魚の捕獲が終わったので記録に残しときます

いつものように、懐中電灯形LEDライトで集め

ポチッと拡大


ゆりかごシリーズは通水性の問題でお蔵入りとなったので、30スリム水槽に入れました。
ポチッと拡大

ワムシネットを使うとワムシの死骸やゴミで目詰まりして通水しなくなるし、それ以上の網目のやつだとワムシがあっと言う間に(予想を遥かに上回るスピード)で網の外へ出てしまい、稚魚が捕食する時間も無いので、普通の閉鎖された水槽で飼育して、こまめに掃除&新鮮な海水の補充をするしかなかそうです。

これは水面付近を泳いでいる稚魚を水槽の底の方から見上げて撮影した写真ですが、今回の稚魚も色が白っぽいのが気になるところです。

ただ、稚魚の形としてはまーまー、お魚の形をしてて前回のボウフラみたいなやつよりはマシのようです。
ポチッと拡大




2009年04月04日 01:10 トラックバック(0) コメント(5)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。