猫と水槽

水槽クーラー自作構想のページです。

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 --:-- トラックバック(-) コメント(-)

水槽クーラー自作構想

2007年02月20日 19:34

水槽クーラーのイメージを考えてみました
パソコンのCPUクーラーの部品を色々と調べて、ラジエーター一体型の水冷キットが¥6,000程度で入手できそうです。
これに空冷用のヒートシンク(¥2,000程度)をエバポレータとして利用する方法です。
海水自体をヒートシンクのパイプを通してFANで冷却する方法も考えたけど後々のメンテでパイプ内の清掃が面倒だろうと、今回の構造で実験してみようと思います。
はたしてこんなもんで水を冷やすことが可能なのか??
p_022003.jpg

水冷キットのFANはDC12Vですから、温度センサーからの接点で12Vをスイッチングする程度のリレー回路なら¥1,500程度総額で1万円もあれば完成するはずです。
もともとパソコンのCPUは焼けどするほどの高温になるもので、この水冷システムで室温30℃の時にCPU温度を55℃程度に押さえることができるようだけど、25℃の水温を一定に保つことが出来るのか実験してみようと思います。
もちろん全ての部品を買うつもりは無く、パソコンのジャンク品などを流用するつもりで、土曜日に某パソコン解体所にて調達予定です(爆)

関連記事

2007年02月20日 19:34 トラックバック(0) コメント(6)

ほ~~~~!
なんだかチンプンカンプンですが、25℃センサーもあるの?
・・・すみません、素人が変な質問シマした^^;
イソギンは生きてますか~?

2007年02月20日 22:16 たらふく URL 編集

イソギンその後どうですか?
決断は早期にしたほうがいいかと。
たらふくさんの言うとおりイソギンだめになったら
水槽崩壊ですよ。

水槽クーラーうまくいったら作り方教えてください。
市販のクーラーは高くて買えません。

2007年02月20日 23:02 シロヒゲ URL 編集

ぬ?これを使うのですか
CPUクーラーのコアと設置する面に
ヒートパイプを使った別のヒートシンクを付けて
そのヒートシンクを水槽にシンクさせる訳ですね(俺うまい(*^ー゚)b
室温まで下がれば良しって事ですか
う~ん、いける気はする
ただ、海水って言うのが気になる(水でも一緒だけど)
それと使っている材質
画像と同じ物だとすると、ヒートシンクはアルミだが
CPUクーラーには銅が使われているはず
銅の部分に飼育水が掛からないように、うまく工夫しないと
ちょっと危ないですよ

2007年02月20日 23:36 おとと URL 編集

>たらふくさん
イソギン生きてますよ!!
また会社行ってる間に危篤になって手遅れで水槽崩壊はたまらんので、バケツICUに逆戻りです。
温度センサーは固定式ヒーターなどに使用されているような固定温度でONになるメーク型と逆に固定温度でOFFになるブレーク型があります。
温度も汎用品で5℃単位のラインナップです。

実際にはFANのON/OFFに直接使用できないので電子リレーで制御することになるのでセンサーもサーミスタッドを使う予定です。

>シロヒゲさん
冷却効果が期待どおりなら詳細をお知らせします。
実験段階で挫折かも(^^;;

>おととさん
ご指摘の部分が問題でヒートシンクをどこで飼育水に浸けるか色々考え中です。
外部フィルターのタンクみたいに密閉した容器を確保するか、あきらめてサブタンクで冷やしてポンプで水槽に戻す簡易OF水槽にするかw
とりあえず、こんなもんで水が冷やせるか実験したあとの悩みですね(笑)

2007年02月21日 00:54 アイビー URL 編集

ヒートシンク直海水ですか
ちいさい容器に淡水とヒートシンク入れて、その容器を海水に浸すんじゃダメ?

2007年02月21日 12:43 TNの父 URL 編集

>TNの父さん
多分ダメでしょうね!?
一瞬で流れ去る海水をいかにして熱交換させるかw
素人考えで表面積が大きく、海水に溶けず、熱交換率の高い物体→アルミかなぁーと思ったんですよ
漁船なんかに積まれてる冷蔵システムとか色々ネット検索してるとこです^^
昨夜のWBSでコンテナであわびの養殖やってて、通常1500万の投資が必要なシステムを300万で完成させてました。
目標1/5のコストで水槽クーラーを実現しようと益々勉強中です(笑)

2007年02月21日 12:54 アイビー URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。