猫と水槽

底面噴出しユニット完成!!のページです。

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 --:-- トラックバック(-) コメント(-)

底面噴出しユニット完成!!

2007年06月02日 23:07

今日はゴルフから帰ってから速攻で底面噴出し部分の自作をしました。
明日は、サンプからクーラー経由底面噴出しユニットまでの配管を予定してます。
まだ、クーラーの手配はしてないので配管のみして、ホースでバイパスしときます^^;

それでは本日の作業結果のみワンパターンのフォトダイジェストでお伝えします

完成した底面噴出しユニットはこれです。
以前のブログで設計図をアップロードしていたやつです。
13Φの塩ビ管を繋ぎ合わせ、適当に穴を開けて水を噴出そうというものです。
繰り返しになりますが、淡水の底面噴出しのように底砂を舞い上げて視覚的に楽しむのが目的では無いので、穴は土台なにる16Φ用のティーズの部分に開けて13Φのパイプと可動式の16Φのティーズの隙間から横方向に漏れる感じで噴出す予定です。
明日は実際にテストして予想どおりの結果が得られるか試します。

p_060201.jpg


水槽の正面から見ると、このように水槽全域の底にパイプを張り巡らせた格好となり、これをライブロックのゲタとしても利用します。

p_060202.jpg


先日ペンディングとなっていたメインのメタハラの焦点合わせのため、パイプの上に新聞紙を敷きました^^
良くわからないのですが、どしっぽさん宅で私のブログに度々出てくる新聞紙が人気化しているとか(爆)
残念ながら、今日はアイビーは出演しません
偶然ですが、色々テストした結果一番低い位置が良いようです。息子の計算からは光源の高さと水槽の寸法から割り出した入射波と直進波、反射波の関係からは底面から54cmの高さより42度の角度で照射するほうがベターとか

p_060203.jpg



その他の照明も全て点灯してみると

p_060204.jpg


ちなみに砂の厚みはどのくらいになるのかというと

p_060205.jpg


新聞紙の高さが底砂の上端として

p_060206.jpg


5cmとなります。
5*60*120で30リットルの砂が必要です。少し厚いような気もしますが、どうなんでしょう??
それに、現在サモアピンクサンド#0を13.5kgと普通のサンゴ砂パウダーを20kg準備しています。
海水を回しばしめた時点でライブサンドを追加する予定ですが、販売単位は重さなんで、いったい何kg注文すれば、予定の厚さになるのか見当も付きません

p_060207.jpg



なんとか今日の予定は消化したみたいだね!!
と思った人は、またこれから後片付けのアイビーにお疲れさんのポチッをお願いしますm(__)m
クリックお願いします
関連記事

2007年06月02日 23:07 トラックバック(0) コメント(7)

凄いシステムになりそうですねー
今後の展開が楽しみです!

2007年06月03日 08:08 あき URL 編集

お疲れ様です^^
底面吹き出し、結果が楽しみですね~
さすがに、底砂の量もかなりものですね
ライブロックも結構な量いりますよね

PS 新聞紙見るたびに、アイビーちゃんがぶつかった
   所を想像してしまい、そのお茶目っぷりに人気UPです^^
   家のわんこは時々、ベランダに早く出たくて
   網戸にクラッシュします^^;

2007年06月03日 10:00 どしっぽ URL 編集

設備が完全に水族館化してる~!
底面噴出しユニットの威力を楽しみに待ってます
それにしても、メタハラ明るいな~
コレが点いてるだけで、他の日常生活も出来そうな気が・・・(笑)

2007年06月03日 16:41 TNの父 URL 編集

ライブサンドはCPFですか?どこでも同じだと思いますが、
計算方法はCPFライブサンド注文ページにありますよ。
ちなみにコピー&ペーストですが、
ライブサンド1kgは容量にして0.6リットル程となります。仮に75×45cmの水槽に厚さ5cmでライブサンドを導入するには7.5×4.5×0.5 =16.875リットルのライブサンドが必要になります。したがって16.875/0.6リットル=約28kgでおおよそ30kgのライブサンドを導入すれば良いことになります。
だそうです^^
この水槽なら1cm敷くために約12kgとなりますかね^^
ちなみに、ボクは普通の砂も同じ計算で考えてやりました^^

2007年06月03日 21:59 たらふく URL 編集

自作の底面、出来ましたね~
うまく稼動してくれる事を願ってます
それにしても・・・
見れば見るほど床暖装置にそっくり
砂の量は比重とかもあるので難しい
おととは買う時は少し多めに買ってます
だって、足りないより余った方がマシだから
途中で再度車を走らせるなんて、ヤ!

2007年06月03日 23:15 おとと URL 編集

凄いですね~!!
やっぱり120センチとなると、底砂の量もケタが違います・・・(*_*;
後片付け頑張ってください!

2007年06月03日 23:51 taiki URL 編集

>あきさん
水槽の準備ばかりが大変で、中身の検討をする時間すらありません^^;
何をいれよーかなー

>どしっぽさん
底砂は30kg強準備してましたが、どうやらあと30kgくらい足りないみたいです^^;;
猫も学習能力があるので、もう水槽には飛びつきませんv-291

>TNの父さん
メタハラは明るいですよ
うちのは70Wと今回追加した35Wのスポット2個だけです。
150Wとか250Wとかを付けるひともいますが、そこまで容量が大きくなくてもいいようです。
ただ、水草水槽と同じく海水水槽でもサンゴを飼うときは、太陽光に近い色温度の光が必要だとか、場合によっては20000Kのメタハラとか付けるみたいです。

>たらふくさん
CPFの予定です。そういえば計算方法が載ってましたね^^;
今買ってるピンクで1cm、通常のパウダーが2cmで合計3cmくらいしかなさそうなんで、あと2cm分くらい手配ですね!!
お金が・・^^;;

>おととさん
本物の床暖装置って見たこと無いのでわかりません(滝汗)
そんな贅沢品つけてる家庭を訪問したことすら無いかも!?

サラサラの砂は準備してるんですが、ライブサンドと言って微生物などが住んでる生きた砂を少量の海水と一緒に配達してくれるんです。
これって海水も混ざるので重さがどのくらいで、何cmくらい敷けるのか????って思ってたんですよ^^

>taiki君
この時間に後片付けしてるの見えた!?(爆)
やっとブログの更新して、今皆さんからのコメントに返事してるところです。おーもうこんな時間だ^^;;;

2007年06月04日 01:23 アイビー URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。