猫と水槽

水周りの配管が95%完了のページです。

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 --:-- トラックバック(-) コメント(-)

水周りの配管が95%完了

2007年06月04日 00:05

今日は一気に水作り開始まで行きたかったのですが、部材の計算ミスで配管周りがあと一歩というところでタイムアップです
16Φのエルボーが足りなくなり、気づいたのが18:50頃だったのでホームセンターの閉店時間までに買出し不能ということであきらめました。

さーーて、今日も写真だらけですがいつものダイジェストで飛ばしたいと思います

まず、逆流防止弁の作成
これは製品を買おうと考えていたのですが、エアー用はあるものの、水流の逆流防止はなかなか見つからず自作することにしました。
材料は以下の4点
塩ビ管のサイズを途中で変換するときに使うアダプタを2種類。
この太くなった部分にパソコンで使わなくなった古いマウスのボールを入れ、狭くなってる方を下にしてラムネの瓶の容量で穴を塞ぎます。

p_060301.jpg


パイプの中は円錐状に細くなっていきます。

p_060302.jpg


この中にマウスボールを入れると塞がる仕掛けです。

p_060303.jpg


これを水槽台の柱に縦に固定し(横向きはダメですよ~~)

p_060304.jpg


サンプからの汲み上げポンプのすぐ上につなぎました。

p_060305.jpg


ついでにサンプもセットしました。第1ろ過槽の下段がこれ

p_060306.jpg


その上にこれ

p_060307.jpg


その上というか、サンプのベースに重ねて置くようにしたコンテナがこれ
これらのコンテナは底に穴をいーーぱい開けてます。
この一番上のコンテナだけは底に100円均一で買ってきたカゴを逆さまにした網でゲタを履かせてます。

p_060308.jpg


この網の上にはウールを敷くから目詰まりしないようにネ

p_060309.jpg


そしてシャワーをセットすれば完了。
第2ろ過槽にはサンゴ砂の大粒でも入れようと思ってますが、まだ買ってません^^;;

p_060310.jpg


時間が無くなったのでスキマーも取り付けまで行きませんでした。
逆流防止弁の先はどうなってるかと言うと

p_060311.jpg


エアコンのホースが出ているダクトを利用して

p_060312.jpg


塩ビ配管と、電源の延長(防雨タイプ)を通して外へ出します。

p_060313.jpg


この配管は

p_060314.jpg


断熱材で保護した後に

p_060315.jpg


非粘着テープで巻いていきます。

p_060316.jpg


一番下に緑色のホースが見えますが、これをクーラーに接続予定です。
実際にクーラーがこないとイメージがわかないので、仮にホースでループさせてます。

p_060317.jpg


あとはパテで隙間を埋めてクーラーの室外設置の準備が整いました。

p_060318.jpg



室内の方は、このようにちょっと複雑な配管になってます。
これは冬場にクーラーが動作しない時期にバイパスしたり、底面噴出しが期待どおりでなかった場合(失敗した場合)通常のOFとして動作させるための予備配管をしました。
いったん水を入れると、なかなかやり直しが難しいのでリスク軽減策をとりました。

p_060319.jpg


そんで、変な配管をしているうちにエルボーが不足して、ここで配管の作業は中断です。

p_060320.jpg


壁と水槽の間は配管で直結せずに、ホースで連結予定です。
福岡西方沖地震みたいなんが来たとき(前回うちは大揺れし震度5強を体感しました)塩ビ管で直結してたらバキッっといったら大洪水ですから^^;;

p_060321.jpg


水槽はオーダーしたときに飛び出し防止フランジ加工とアクリル蓋の加工を依頼したもんで完全に密封状態です。
穴といったら上の蓋にエサ用の小さな穴が左右1個ずつしか無いので、外からの配管なんぞ入れる隙間がありません。
となると、穴をあけるしか無く、新品の水槽に電気ドリルでガンガンあけちゃいました

p_060322.jpg


もちろんOF管より上ですよ^^

p_060323.jpg


これまた、エルポーの不足がたたってここで作業中断。
底面噴出しユニットからの縦のパイプに繋ぐ分と、これが失敗したときに普通のOF水槽として給水するパイプの穴と2個あけました。
繋ぎ換えればよさそうですが、この底面に行くパイプにはOF官りやや下にに小さな穴をあけます。
これはブ~ビィさんが水流をライブロックの後ろからも当てるように変更した時、逆流防止ようにサイフォンが切れるよう小さな穴を開けられていたのでパクる予定です
万が一逆流防止弁が機能しなかった時のリスク回避です。

p_060324.jpg


あとはコーナー加工のカバーにも穴を追加して、底面噴出しユニットを取り付けたままでもカバーが絞まるにしました。

p_060325.jpg


やれやれ、底砂を入れるところまでは行きませんでしたが、なんとか先が見えてきました。
猫のアイビーも水槽の前の椅子でくつろいでます

p_060326.jpg


まだ魚が入ってないのですが、ごちゃごちゃと部品が入ったので水槽にぶつかることはなさそうです

p_060327.jpg



あーあ、こんなに写真ばかり載せてどーするの!?
ブログの更新が遅いぞと思ったらポチッをお願いしますm(__)m
クリックお願いします
関連記事

2007年06月04日 00:05 トラックバック(0) コメント(14)

おお~かなり出来上がりましたね~^^
お疲れ様です、ちなみにクーラーは、どこのにされるんですか?
家も今年こそ買おうと思ってますが迷い中…^^;
計算されてるとはいえ、水槽に穴空けるのは、ドキドキですね^^;
アイビーちゃん、いいしっぽしてますね~^^

2007年06月04日 02:50 どしっぽ URL 編集

>どしっぽさん
相変わらず夜行性ですね(笑)
クーラーはたらふくさん経由で色々な人からの情報を得て、最終的にゼンスイのZC-1000Eに決定しました。
すでに金欠病でボーナスがでてからと思ってましたが、クレジット決済で先行手配しとこうかな(^^;;
今日も夏って感じの空で、日差しが強くて上着が着れません。
クールビィズでよかったです。
どしっぽさんはブログタイトルといいHNといい、しっぽフェチですね!?

2007年06月04日 08:02 アイビー URL 編集

ずいぶん進みましたね
水槽用エアコンの室外設置見事です(・∀・)イイ!
よく室内においている人を見るんだけど、室温が上がって効率が悪そうだな~って思ってたんだけど、こんな方法もありですね
水槽に水が入るのを、今か今かと待ちわびてる父でした
o(゚ー゚*o)(o*゚ー゚)oワクワク

2007年06月04日 12:31 TNの父 URL 編集

>TNの父さん
室外専用の水槽クーラーは高いですからねー
一般の人では手が届かないですよね!?
かと言って室内用を雨ざらしにはできないし、仕方ないのでベランダのすみに百葉箱みたいな雨除けをつくる予定です。
まだまだDIYは続きます(爆)

2007年06月04日 14:49 アイビー URL 編集

クーラーを室外に置けてうらやましいです。
底面噴出しユニットはこれだけの管に水を流すとなると、
それなりの水流が必要そうですが、この逆流防止ボールは
水流強すぎると逆に働いてしまったりしないんですか?
アイビーさんのことだからうまいこと作ってるんでしょうけど^^;

2007年06月04日 14:57 たらふく URL 編集

相変わらず凄いもの作ってますね~って感じです。
底面噴出しユニットもすごいですね。
どれくらいの水が噴出すのか解りませんが、すごいことに
なりそうですね。
(そこら中から水中の湧き水の様にでるのかな?)
砂が厚すぎると重さででなかったりっていう心配は計算ずく
ですかね?

今後も楽しみに拝見させて戴きま~す。

2007年06月04日 15:06 とい URL 編集

>たらふくさん
未定ですv-12水道の蛇口に直接接続して実験した結果ではマウスボールが若干浮上して底の方でコロコロと転がりながら持ち上げている程度でした。
もし上がりすぎても16Φの管は通らない大きさなので、この筒の範囲ない(25Φ)の中で天井張り付きになるだけです。
それも怖いけどv-13

>といさん
クーラーを室外に出した関係もあるのでポンプの能力不足が懸念されます。
OR3500で最大汲み上げ高さは3.2mです。
もっと大型か、ちょっと高いですがロータリーにしとけば良かったですv-13
なんせ低コストで大型水槽を実現させようと性能を調べまくって、同じ性能なら安い方とセコク選択したので余裕がありませんv-399

砂の厚さは5cmを予定してて、底面噴出しの配管は砂よりも上に露出します。この配管にLRを積み上げ、LRのゲタとしても利用するのです。だから、砂に埋もれる確立は低く、どちらかと言うとLRの底から水流が舞い上がるイメージです。

これまた低コストで塩ビ管にしてますが、成功(効果があれば)透明アクリル管かアイボリーの塩ビ管で目立たないように作成します。
だから、この実験結果が出るまでは水槽は底砂とLR、それに現在のニモたちだけです。

お魚やその他生体の追加はずーーっと先の話しになるかも。ひょっとしたら資金不足がたたって冬のボーナスまで買えないかもv-11

2007年06月04日 15:18 アイビー URL 編集

ラムネとかマウスのボールって・・・何でも使っちゃいますね~^^
そこまで考えるのも凄いと思います。
次は大変な海水作りですか???

2007年06月04日 21:10 taiki URL 編集

逆流防止弁はいいアイデアですね
遂に濾過槽を設置されて、更にクーラーを外に出す
う~ん、やっぱり凄い
あの配管、水族館もビックリ!って感じ
ところで、水槽の設置場所
キッチンカウンターの前じゃなかったっけ?
なんか隣の部屋との境に設置されているような・・・
どっかの記事、読み逃したのかな?

2007年06月04日 23:14 おとと URL 編集

>taiki君
本日RO水を溜めはじめました^^
でもこの時間から溜めれる量はせいぜい50リットル
水槽の9分の1です(^^;;
てかサンプに満タンで配水管とか水槽は空っぽですね(笑)

>おととさん
完全に読み落としてます(爆)
もともと毒舌ですから注意深く読まないとわからないかも(滝汗)

2007年06月04日 23:52 アイビー URL 編集

おはようございます。 アイビーさん。
すごすぎるシステムですね^^!
電気工事といい、給排水工事といい、素晴らしいです。

自分もOFの水槽購入時、配管やりましたが面倒でした・・・。

2007年06月05日 07:43 ブ~ビィ URL 編集

>ブ~ビィさん
おはようございます。
昨夜も急な飲み会となり進展がありません^^;
ちょっとだけサンプに水をためたくらいです。

今日こそは配管を完成させて底面ユニットからの給水が可能か実験したいです。
このユニットまではピストルからの配管を水槽の底で引き回す予定でしたが、ブ~ビィさんのLR裏からの水流がヒントとなり、水槽上部から底まで配管を延長する方式に変えました。
逆流防止の最終兵器としてこの配管の上部に穴あけますv-221ブ~ビィさんの水槽からパクりましたv-8

2007年06月05日 09:42 アイビー URL 編集

すごいです!!
逆流防止弁にマウスのボールを使うとは!!
発想力がずば抜けてすごいです!!^^
自作できる人って羨ましいです^^;

PS、私のほうにもリンク貼らせていただきました^^
今後ともよろしくお願いします^^

2007年06月05日 17:07 イペキ URL 編集

>イペキさん
リンクありがとうございます^^
さーて、速攻で帰宅して続きの作業をしなきゃv-91

2007年06月05日 17:56 アイビー URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。