猫と水槽

またまた失敗^^;のページです。

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 --:-- トラックバック(-) コメント(-)

またまた失敗^^;

2007年06月15日 23:28

昨日は第3ろ過を外付けで作成しましたが、どうやらムダ足だったようです

水量調整など色々実験してたら、あっちにも、こっちにも欠陥だらけ!!
まー欠陥商品ですが命には影響しないのでまたしても一人対策会議です。

不具合を整理すると
1.給水モーターの音が異常に大きい
2.モーターを止めるとかなりの水がサンプへ戻り、サンプの容量不足であふれる寸前。
3.2の状態で数時間経つとまたサンプの水位が上がり、いよいよ溢れだす一歩手前(水面潮力で盛りあがってた)

原因
1.水量調節のためのバルブを絞るとモーターに負担!?がかかり振動が激しくなる

2.はじめてのOFでOF管の上端が水面だと思い込み、色々な面で計算ミスが発生。

実際にはOF管のフチよりも1cmくらい水位が上がるため、モーターを停止すると約15リットルの水がサンプへ戻る。
今回の水位調整タンク(第3ろ過)は18リットルの灯油缶を改造して作ったため、運転時の水位を計算するとキャパは残り10リットル程度。

3.どうやら逆流防止弁が完全には停止しきれずポタポタと水滴が第3ろ過へ戻ってる。
さらに言うなら、安全回路として念のために開けたサイフォンカットの穴はこの状態でも水面下。
なぜってOF管の上端が水面だと思い込んで計算したのでOF管よりも1cm程度下に開けてる。
モーターが停止し、OF管のフチより上昇していた水がサンプへもどっても逆流防止弁が不完全(一時的な停電では有効な手段)な欠陥品となったため、そのさらに1cm程度下の穴まではサイフォンが切れず、ポツポツと水滴が戻ってくる。

ざっとこんなところです。

一人対策の結果、
1.日中はいいが、夜間はメインポンプを切る。
その代わり底面噴出しではいまいちの汲み上げ量で未使用となったOR3500を水中ポンプとして第2層に投げ込み、水槽上部から給水するために作った配管へ接続し「夜間専用の低騒音循環ポンプとしてゆっくり回す」
日中のみ551のフル回転で回す。

2.サンプの再作成。当初ひらめいた濾過槽連結タイプにして第1(リング.グ類)、第2(スキマー)を小型のコンテナで作成しなおして、第3(水位調整+吸着剤)の容量をアップする。

3.サイフォンカット用の穴をOF管と同じ高さに開けなおす(配管ごと交換)
これで逆流防止弁からポタポタ逆流してもサンプが溢れないうちにサイフォンがカットされる。

まーこんな感じですが、色々と勉強になりました。

明日はISMSの会議で出勤です。
自業自得で、どうしても急がなければならない事態が発生したので日曜日に勝負します。

関連記事

2007年06月15日 23:28 トラックバック(0) コメント(7)

>>はじめてのOFでOF管の上端が水面だと思い込み
僕もOF使った事ないので単純にそう思っちゃいます^^;
にしても、1cm位上に水面があるってことは、
OFってかなり大量の水が落ちるってことですよね
勉強になりました。

2007年06月15日 23:45 どしっぽ URL 編集

>どしっぽさん
うかつでした(^^;;
現在は水量調整で5mm以下になってますが、バルブを絞るとモーターの音が大きくなります。
配管に抵抗が無く汲み上げるのと、抵抗があるのではモーターにかかる負荷が違うのが原因だと推定してます。
バルブを絞らずにモーター本来の力を活用して、スイスイ汲み上げてドンドンOFさせた方がモーターに負担がかからず、音も静かで、電気代もお得かな!?
そのためには逆流防止弁も外し(逆流防止はれサイフォンカット穴に頼る)
逆流した時の受け皿である第3層のキャパを広げるのが一番だと思いました。
今日は会議だけなんで終わりしだい私の癒やしのサイト(ホームセンター)へ直行です(爆)

2007年06月16日 08:21 アイビー URL 編集

ウチも水位はOF管から1cmくらい高いです。
やっぱりサンプ、小さすぎましたか・・・。
深さのあるコンテナなんてあればいいのですがね。
騒音はOF水槽の宿命ですね。
モーターの音・・・・・・すっかり慣れました^^
慣れるまで家族に耳栓でも配りますか^^;
半年で早くも揚力が弱くなって、音は強くなってます^^;;;
夜間用のOR3500がOFFの時の逆流は大丈夫ですか?
こっちにもサイフォンカットの穴開けとかなキャですね!

2007年06月16日 10:41 たらふく URL 編集

>たらふくさん
凄い音でしたねー^^;
嫁さんと「たらふくさんとこで、こんな音大きかったっけ?」と会話してたとこです^^;;
話しが盛り上がって肝心の観察が甘かったような(爆)

自作のメリットとして、既製品と違いどうにでもできることがあります。サンプからクーラーまでの配管が済んでるので、モーターをサンプの直後に付ける必要性が無い!!
サンプから室外のでの配管を直結し、室外にモーターとクーラーを設置しようかなんて話しまで出てますv-8
でもマンションの2Fで周りの住宅との間が駐車場になっており、コンクリート、アスファルトで固められた谷間ができているのでやまびこ状態で音が響き渡り近所迷惑かなぁーv-13

と色々考えた結果が今回のブログの内容です。OR3500は陸上で使用した時も音が静かだったので、水中に沈めれば無音(SEIOも動作してるか水流を見ないとわからないくらい静かです)に近いかもv-354

>>夜間用のOR3500がOFFの時の逆流は大丈夫ですか?
底面噴出しをメインに考えていたので、上部からの給水管は水面ギリギリで出てます。だから逆流はパイプの長さだけで1リットル有り無しです。

RMD-551からの給水はサンプ→室外→クーラー→室内→底面と水路も長いので、たらふくさんとこより負荷がかかって音がうるさいのかも

OR3500はサンプ→立上げ→水面給水で水路は短いし、水換え時なんかダブルで回せばv-91凄い水量かな(核爆)

2007年06月16日 12:22 アイビー URL 編集

こんばんは~。 アイビーさん。
意外に苦戦を強いられていますね。
でも完成したときにはいいものが出来そうですよ!

停電時にサンプから水が溢れるのは困るので
サンプ内で逆戻り水が止まればいいのですが。

2007年06月16日 21:47 ブ~ビィ URL 編集

やはりパワーのあるポンプは、それなりに音も大きいんですね
オーバーフローは濾過槽と水槽の、容量のバランスが難しいんですね
色々な所のサイトを見ていて、なんで濾過槽大きいのに
もっと濾材いれないのかなぁ~って思ってました
こういう事だったんですね

2007年06月16日 23:20 おとと URL 編集

>ブ~ビィさん
今日帰宅してから再検討しましたが、現行のサンプはそのまま利用して、ポリタンクで追加した第3層のみ大型のコンテナに拡張すればなんとかなりそうです。
バルブも全開でモーターの音が少しでも静かになるように逆流防止弁も外そうかと思ってます。
これは実験して静かになれば・・の話しですがv-9

>おととさん
OF水槽って理屈はわかってたつもりですが奥が深かったですv-13
「素人のすることは見ていられないなぁー」と思って読んでる人も多いかも^^;;

たった今、今日のブログで動画をアップしました。文字を読むよりも凄い音だということが実感できると思います。

2007年06月16日 23:33 アイビー URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。