猫と水槽

自動昇降式消音ユニットのページです。

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 --:-- トラックバック(-) コメント(-)

自動昇降式消音ユニット

2007年06月20日 15:03

タイトル見て何だ?何だ?と興味をもたれた方!!
あなたは明日から自作派の仲間入りです(爆)

サンプを製品で買った人や、アクリルを使って製品と同じように自作した人には関係無い話しかも知れません 前のブログから購読中のみなさんは、あれだな!?ともうバレバレかもしれません

週末にタネ明かしするつもりでしたが、ネタ切れでとうとう暴露することになりました。
ウールBOXから第1層への落水の消音対策をしたのですが、ここで使った材料を紹介します

普通のサンプだと水位も一定で密閉されていることが多いので音も問題にならないでしょうが、バケツ?ゴミ箱?みたいなのを流用している貧乏アクアリストとしては避けては通れない問題でした。

私の場合日中は第3層の下から連結したメインポンプで汲み上げるため、第2層から第3層へは水位差が生じて落水音がします。
このポンプの水量は強烈で水槽内は底面から吹き上がる水流と水面から流れ込む水流、さらには両サイドから水中ポンプでかき回す水流が入り乱れ複雑で時々渦を巻くようなリーフ独特の海底を再現します。

また、夜間は月夜の満潮時のような緩やかな波を再現すしつつ、モーター音を最小限に抑えて人間様の安眠妨害にならないようにするため、第2層に設置した水中ポンプ(サブポンプ)から水を汲み上げピストル経由で水槽に給水しています。

このとき、底付近で連結された第1層と第2層は通常より水位が下がり、ウールBOXから第1層に落ちる水の音はピークに達します

まー、わざわざ第2層から汲み上げずに第3層にポンプを移動させればいいのですが、普通のサンプと違い1箇所のパイプで連結しているため、ここの落水音もドボドボとうるさく、この落水音を消す対策をやってないので暫くは第2層から汲み上げます。

このようにサンプ内の水位が変化してしまうシステムとなり「自動昇降式消音ユニット」なるものを自作しました

材料はコレです

p_062101.jpg
[エコプラス・ユニ]
植物から生まれた、地球にやさしい緩衝材
☆とうもろこしから生まれた、地球環境にやさしい植物由来の緩衝材です。
☆バイオマス原料(とうもろこし澱粉)を主原料としているため、石油などの限りある化石資源を節約することができます。
焼却しても有害ガスなどで大気を汚染する心配がありません。
耐湿性にすぐれ、四季を通じて安心してお使いいただけます。

これなら海水に入れて仮に溶け出しても生体にもやさしそうってことで、まずはこれを実験!!っといきたかったのですが、サンプへ入れる前に念のため水洗いしたら、いきなり解けました さすがは澱粉。見た目は発砲スチロールでも中身はやっぱり、とうもろこしを揚げたお菓子「明治か~○」だったのです(爆)

次はコレ
p_062102.jpg

つまんだ感じは最初のよりやや固めだが、同じく環境にやさしいとの文字が・・・ちょっと不安。

最後はコレ
p_062103.jpg

皆さんも良く見かけるポテトチップみたいな発砲スチロールです。
触ったときにパシャパシャ音がします。水があたったら・・・
予想通り、小雨の日に傘をさしてる感じです。

で、結局2番目の素材に決定しメッシュの中に詰め込んで
p_062104.jpg

第1層の水面に浮かせれば
p_062105.jpg

「自動昇降式消音ユニット」の完成です(核爆)
発泡スチロールだから軽く水に浮かぶので水位にあわせて昇降します
それに、普通の発泡スチロールのように硬い固形ではなく弾力性があり、全く無音と言っても過言では無い消音器が完成しました。
浮かんでる写真みたらマシュマロ見たいでしょ


たったこれだけのネタでよくもまぁ~w
とあきれている方!
ポチッと押して明日もお付き合い下さいm(__)m
クリックお願いします
関連記事

2007年06月20日 15:03 トラックバック(0) コメント(8)

なるほど、確かに自動、そしてマシュマロ(笑)
梱包剤も多種多様ですね~
昔バイトしていたシャープの工場を思い出しました。
そういえば、こんなの入ってたな~と、意外な再開^^

2007年06月21日 23:17 どしっぽ URL 編集

>どしっぽさん
お早い訪問でビックリv-8
最近は環境保護でうちの会社もISO14000を取得している関係でグリーン購入ってのがあり1番目の梱包材が支流です。
とうもろこしの澱粉素材が原料らしいですが、マジで明治のか~○みたいな縮み具合。
とここまでは皆さん触ったことある人もいるでしょうけど、どしっぽさんはこれを水洗いしたことありますか?
揚げ菓子そのもので、トロトロに溶けて行きビックリです。直接サンプに入れなくて正解でした(滝汗)

2007年06月21日 23:26 アイビー URL 編集

タネあかし、これだったのね
確かにコレなら消音出来ますね
それにしても、よく思いつくものだ
とうもろこし緩衝材、あれは・・・
それこそ餌になって終わりでしたね

2007年06月22日 06:59 おとと URL 編集

>おととさん
水洗いした瞬間は気づかないんですよ。たまたま柔らかいから水切りしようと両手で絞ったら膨らみがイマイチ。
あれっ、もしかして繊維質だから水を吸うのかな!?と何回か繰り返すと、洗ってた水が石鹸水みたいにうっすらと濁ったんです。
そして味噌汁に入れる「ふ」みたいに表面がトロトロになって繊維に沿って切れだす。
もしかしたらトイレットペーパーよりも分解がはやいかも(笑)

2007年06月22日 08:09 アイビー URL 編集

さすが澱粉、の前に消音でこれらを使おうと気がつくアイビーさんに脱帽m(_ _ )m マイリマシタ
浮かんでる写真・・う~ん、うまそう(爆)

2007年06月22日 12:36 TNの父 URL 編集

>TNの父さん
水が水面を叩く音がジャージャーうるさいんだから、直接叩かないようにしようとアクリル板で滑り台作りましたが、水位が下がると滑り台から水面までに隙間が出来て音が発生します。
そこで滑り台を水面に浮かべる構想がひらめき、浮かせる材料として発泡スチロール→アクリル無しで発泡スチロールの板のみ→ペットボトルにスポンジ巻いて浮かべる→クッション材と進化!?しました。

ブログでは結果のみアップしてるので簡単に思いついたように見えますが、貧乏アクアリストの日々の努力あっての結果なんですよ(^^;;

2007年06月22日 14:26 アイビー URL 編集

なるほど~!
材料を知ることから自作が始まるんですね!
っとつくずく思います^^

2007年06月22日 15:13 たらふく URL 編集

>たらふくさん
色々やりだすと楽しくてとまりませんよ^^
サブタンクは冷蔵庫で水を冷やす容器で代用できるはずですから100均で買えるでしょ!?
洗面台の排水ホースは500円くらい。エアレーションで使うチューブは200円以下、塩ビのパイプや継手は数十円ですから千円ちょいで外付けOFユニットの完成ですよ^^

2007年06月22日 22:01 アイビー URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。