猫と水槽

無造作に積み上げられたLR・・・実はのページです。

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 --:-- トラックバック(-) コメント(-)

無造作に積み上げられたLR・・・実は

2007年06月25日 23:59

正面から見たライブロックは3つの島にしか見えません。左右に島をレイアウトするオーソドックスなパターンですが実は通水性を考えて積み上げてます
そんなの当たり前!!との声が聞こえてきそうですが、一応本人は工夫してるつもりなんですから見てやってください

昨日のブログのズームイン動画3枚は正面から見た場合の左の島、中央の島、右の島ですが、これを水槽側面から見ると私アイビーの工夫にご理解が得られる・・・かも^^;;

それはライブロックは基本的に水槽の横方向に走ってる底面噴出しのパイプに平行に積み上げていることです。

[LRの真下は底面ユニットの噴出し穴があるT字の柱に直接乗せてます]
左右に設置した水流ポンプSEIOからの流れを遮断せずライブロックの隙間を通して内部まで流し込んでいます。

「これは底面噴出しを検討しだした時点からのコンセプトで「水槽内に澱みが出来ない!!」を意識しています。

ですが水槽側面からのぞくと見た目はあまりヨロシク無いのは言うまでもありません

[右側面から見たライブロックの基礎部分]
底の方は塩ビ管丸出し^^;
p_062501.jpg

[同じく右側面からで水流ポンプの位置からポンプの噴出し方向を見た画像]
左に積み上げたライブロックの懐にストレートで投げ込んでます
p_062502.jpg

[こちらは左側面から見た画像]
ここから見るとライブロックがスカスカで穴の向こう側があちこちから見えます。
こちらも右側と同じくライブロックの底は塩ビ管丸出しで底に空洞があります。
一応大工の息子ですから組み合わせは匠の技で崩れないように支えあってます
p_062503.jpg

[同じく左側面からで水流ポンプの位置からポンプの噴出し方向を見た画像]
右に積み上げたライブロックの懐にストレートで投げ込んでます くると思ってたよ!
p_062504.jpg

[最後に中央の島付近]
ここもライブロックの底は空洞でポンプからの汲み上げ水が噴出します。
左右の水流ポンプからのおこぼれ水流も通りやすくするため、トンネル型になってます。
p_062505.jpg



ナイスアイディア!!と賛同してくださる方は
是非ポチッと一押お願いします m(__)m
クリックお願いします
関連記事

2007年06月25日 23:59 トラックバック(0) コメント(8)

通水性重視、徹底してますね^^
前の動画見ると水流も懐にストレートでかなり強そうだし
本当の海はこんな感じなんですかね~
家の水槽は、とても通水が悪そうなので、
網か何かライブロックの下に入れようかと、考え中です。

2007年06月26日 04:54 どしっぽ URL 編集

>どしっぽさん
生体によっては流れが強いか弱いかは好みが違うと思いますが、通水にかんして言うと海水も淡水も澱みを好む生体はいないのでは!?
是非LRの底上げしてみて下さい。
今回は使わなかったので第1濾過のろ材の底上げに流用しましたが、100均にある透明なカゴを底砂の厚さ+αに切断して使うと目立たないし安定してると思います^^

2007年06月26日 08:01 アイビー URL 編集

そこまで計算されてたんですね~
これなら底面噴出しによる水流と、水流ポンプによってよどみの発生は極力抑えられますね
天晴れですo(*'▽'*)/☆゜’パチパチ
行き当たりばったりの父としては、見習わなければならないところばかりですよ
それにしても、ライブロックの組み合わせ、すごいですね
石垣職人がお城の石垣組むみたいな感覚でしょうか
ウチなんか、水換えのたびに流木が動いて・・・
プチレイアウト変更してます(不本意ですが)
(´・_・`)

2007年06月26日 12:31 TNの父 URL 編集

>TNの父さん
アクアに凝りすぎて今日の出張すっぽがすとこでした(激汗)
会社で打合せしたあと今日の予定見たら沖縄出張(^^;;
もう飛行機は飛び立ったあとでチケット取り直して着の身着のまま空港に着いたとこです(爆)

2007年06月26日 12:54 アイビー URL 編集

こんばんは~。 アイビーさん。
稼動した底面噴出しフィルターが回り、
デトリタスも完全解消ですね。
その上にLRを置くと微生物にも
優しい感じがします。

組み方もいろいろ考えてますね~。
トンネルの中を魚がすり抜けて泳ぐのも
見ていて楽しいですしね~^^v。

2007年06月26日 21:54 ブ~ビィ URL 編集

淀みが出来ないように、水の通りを計算されて作ったのだから
これはしょうがないでしょう、正面から見えないし
砂をもう少し追加したらダメなの?どっかに偏っちゃうか
システム的には完璧に稼動しているし、これくらいの方がいいのかも
それにしても工夫一杯のイイ水槽が出来ましたね

2007年06月26日 22:45 おとと URL 編集

なるほどねー^^
うちはハゼとエビが3組共生してるから底砂と
LRの隙間空けてもすぐ埋められてしまいます^^;

2007年06月26日 22:48 シロヒゲ URL 編集

>ブ~ビィさん
トンネルは多すぎてお魚がどこに隠れたか探すのも大変です(^^;;

>おととさん
砂は確かに少し足りなかったんですが、一番奥の底面吹き出しが露出してるのはカニハゼが掘り返してるからです(泣)

>シロヒゲさん
うちはカニハゼ1匹ですが日増しに配管が露出してます(^^;;

2007年06月26日 23:36 アイビー URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。