猫と水槽

掃除しただけの水槽のページです。

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 --:-- トラックバック(-) コメント(-)

掃除しただけの水槽

2006年10月23日 01:43

ホームページの更新に時間がかかってしまい、やっとブログの更新にたどり着きました。
今日は水替えをした後のスッキリした水槽写真を掲載する予定でしたが、都合により紅茶色の水槽となりましたことをお詫び申し上げます(笑)
と言うのは水質検査をしたところ、私の水槽の水はバクテリアが激減しているたけで、水自体は安定していると判断したからです。
それで今日はいったん水を抜いたあと、フィルターのポンプや水槽のガラス面などを掃除して苔をおとして、もともとの水を戻しました。
そして、不足した分の水だけを足しただけの水槽となりました。

[水槽全景]
水槽全景

[グッピー稚魚2匹も元気です]
[稚魚2匹も元気です]

[もちろんグッピーの親3匹も元気です]
親3匹も元気です

ここで、ちょっとアイビーの様子を紹介します。何故って言わずに見てやってください。
おやじのやつ、にゃんか変なもん置いて行ったにゃー

変なお土産

いったいにゃんにゃんだ~!?

p_102231s.jpg

にゃんこパーンチ!

p_102232s.jpg

はじめまして!新入りのコリちゃんで~す(^o^)/~

p_102233s.jpg

ということで、青コリちゃんを仲間入りさせました。少しでもエサの食べ残しなどによる水質悪化を抑えるためのテストフィッシュです。グッピー稚魚が食われるんじゃないか?と心配もありました(またしても調べずに買ってきた)が、様子見て調子よければあと1匹くらい仲間に入れるつもりです。
[新入りの青コリちゃん]
新入りの青コリちゃん

関連記事

2006年10月23日 01:43 トラックバック(0) コメント(6)

水質検査ごくろうさまです^^)
いろんな事実が自分で確認できたのはとてもいいことだとおもいますよぉー♪
水道水がアルカリに振ってあるのは、カランなどの金属が酸性だと錆びやすくなるかも?という水道局の思惑だとおもいますよ。(もちろん地域、季節の差はあります)
カルキ抜きを入れた直後の水がちょっと酸性なのは
恐らく、入れるときに二酸化炭素が溶け込んでちょっと酸性になってるのだとおもいます。
よってしばらく置くと二酸化炭素が抜けて徐々にアルカリになっていると想像できます。
井戸水はちょっと私には分かりません(汗
(地域差が大きすぎるもので^^;)
知ってらっしゃるかもしれませんが、カルキは雨が降った後はちょっと多めに入っていますので、カルキ抜きもそのときには少し多目がいいかもしれません。
といってもまこっぴはいつも適当ですけど(笑)

立ち上げ時に水の交換で色んな意見があるのは、
水槽の中に入っている生体の数、水草はあるのか、底砂はどんなのを使っているのか、濾過の状態はどうなのか、水槽の大きさは?照明の強さ長さは?によってやっぱり色んな意見がでますので、
みなさんが一概に間違っているとはいえないのです。
それが、経験の少ない人には迷う結果になるんでしょうねぇ。

アイビーさんの使ってる30cmの水槽での飼育経験がないので、的確なアドバイスかどうか不安なんですが、
ろ過器は外掛けでしょうか?
中の濾材は恐らく活性炭を使っているタイプだとおもいます。
もしそうでしたら、活性炭というのは、吸着ろ過といって、
有害物質(アンモニア、亜硝酸etc)を活性炭が取り込んでろ過をするタイプです。
靴の匂い取りみたいなイメージです(笑)
でも、この活性炭も使っているとどんどん劣化していずれは飽和状態になりそのうち中の物質が出てくるというタイプなんです。
水が落ち着くのが遅すぎるのなら、その辺りの対策も考えた方がいいかもしれません。。。
長期で維持されるなら、濾過のフィルター自作をお勧めしますよ^^;『難しいことじゃないっすよ(^^;)』

とまぁ、毎度長々と羅列しましたが、アイビーさんに有効な情報だけ自分でお持ち帰りくださいね(核爆
コリちゃんも元気に育つといいですねぇー♪
水質に適応さえすれば丈夫な種類なんで、がんばってください♪

2006年10月23日 11:40 まこっぴ URL 編集

まこっぴさんが仰っているとおり飼育方法・維持方法で意見が違うのは人それぞれです。
私も水草は弱酸性が良いと書いてますが、実際弱アルカリでも維持してらっしゃる方もいます。
大磯でも綺麗な水草水槽維持している方もいます。
必ずこうでなくてはならないという事は無いと思いますし、色々試して自分なりの飼育方法を確立していく事が大事だと思います。

コリとグッピーは活動域が違いますから食べられる事の心配はそれほどしなくてもいいと思いますよ。
それよりも問題は親の方。。。^^;
コリは掃除屋として売られていますけど、掃除屋では片付けられない魅力に溢れた魚ですので観察してみてください^^
残り餌だけでは足りませんので、餌もあげてくださいね。

2006年10月23日 20:31 前詰まり URL 編集

>前詰まりさん
はじめまして~^^
&ナイスフォローです^^;
前詰まりさんもおっしゃってますが、コリはよく、(掃除屋=他の魚の糞もゴミも食べる)みたいな紹介が今でもされてますけど、決してそうじゃなくって、ちゃんとエサを与えないと餓死しますので、注意を^^;
そして、コリって意外と大食いなんですよ( ̄▽ ̄;)
寝てるorぼーーーーーーっとしてるor何かモグモグ食べてるって具合に、観察すればするほど可愛い魚なので、きっとアイビーさんもその魅力にやられますよ!キッパリ!(爆
水質がやっぱりグッピーがいるということで、ちょっとアルカリに振ってると思うのですけど、青コリは徐々に慣らせばなんとかいけると思います。
でも、コリの中には水質にうるさくて、弱い種類もいますので、その辺りはちょっと注意が必要かと思います。(コリにハマる前提で話してます(爆))

2006年10月24日 00:25 まこっぴ URL 編集

>まこっぴさん
>前詰まりさん
今回の実験で人それぞれと言うことも踏まえて理解できる土台ができました。
あまりにも、素人で予備知識がなかったためにAさんが言うこととBさんが言うことは矛盾していると思ってましたが、表現の違いがあるだけで、行き着くところ同じことなのかもしれません。
結論は自分の判断が全てであり、試行錯誤することが一番の早道のようです。
ただ既に知らしめられている常識は吸収しないと犠牲が増えるだけですね(^^;)
でもその常識を語る人によって微妙に違うので素人が迷うのも現実ですから、私の奮闘記は素人の目線で表現していこうと思いました。
お二人ともより一層のご支援をお願いします。
(わがままなアイビーでした)お休みなさい!

2006年10月24日 00:47 アイビー URL 編集

こんばんは。
掃除屋のコリさん入れたんですね^^
がんばってお掃除してくれると助かりますよね!

うちの掃除屋としていれたオトシンクルスですが
まぁ苔も食べまくってくれるんですがフンの量がハンパじゃないです!
お前は汚し屋かというぐらいやってくれます(笑)
水槽のガラス面はキレイになったのですが底の砂利の間に黒いものが・・・。自分のフンも食べればいいのにv-12

コリさんはどうなんでしょう?経過楽しみにしています^^

2006年10月24日 00:57 ぴちゃのこ URL 編集

>ぴちゃのこさん
オトシンクルスは家政婦として雇ってるんですか?
私は近くの川に流木をとりに行ったとき、偶然見つけたタニシを入れたことがあります。
直径3cmくらいのやつで、私の水槽ではデカすぎるくらいでしたが、入れて1、2時間でショップに売っているタニシくらい(直径3mm)の大きさの糞(しかも形がタニシみたいなやつ)をやってくれました。
1ウンが大磯砂のつぶの数倍はあるので、タニシの動く場所に石垣が造成されていく感じで、ガラス面の汚れどころでは無いと判断して、夕方には退場願いました。(爆)
何といっても私が水槽に嵌るきっかけになった水中に映える水草の葉っぱの上にも容赦なく積み上げてくれたので、光合成が出来なくなって枯れると困りますからね(爆)(爆)

2006年10月24日 08:20 アイビー URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。