猫と水槽

悪夢の環境破壊のページです。

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 --:-- トラックバック(-) コメント(-)

悪夢の環境破壊

2006年09月24日 23:59

 残念なお知らせですが、本日私の水槽に異変が発生しました。いや異変を起こしてしまい、壊滅的な打撃を受けました。

 そ・れ・は、ネオンテトラ全滅、グッピー1ペアがあの世へ去ったのです。
事の発端は、フィルターの交換でした。セットに付いてきた活性炭入りのフィルターがマメに掃除するのに目詰まりがひどく炊事用品売り場で仕入れたタワシもどきに取り替えたことからです。
 そもそも目詰まりが激しいのは水槽が小さいためにエサの食べ残しやお魚の糞で汚れが激しいためだと思いますが、少し粗めのフィルターの方が良いと思い代替品を探しました。
そしたら、上部フィルター用でハサミで切って使用するタイプが目についたのですが、同じような製品は換気扇のフィルターなどいくらでもあるのでペットコーナー以外で探しまわったところ、私が使用している外掛け式のフィルターにぴったりサイズの物が炊事用品などの売り場にタワシ類としてラインナップされていたのです。
 その中から、鍋の焦げ付きなどを落とす時に使用する緑色のガラス繊維のようなやつ(正確には3M社のスコッチ・ブライトという製品)と、スポンジそっくりで植物性繊維(セルローズ)でできたやつを買ってみました。
さらにバク液が切れていたので、PSBという「生きたろ過バクテリア」を仕入れました。

 まず、PSBをキャップ1杯投入、続いて外掛け式フィルターの活性炭入りフィルターを買ってきた緑色のやつと交換したところ、ほとんど機能せずゴミが水槽に戻ってしまいました。見た目はかなり目が細かいのですが、今まで使用していたやつより粗い程度です。
 このとき、フィルターの外側にセットしていたバクテリア増殖用の石の入った袋をゆすったところ、これに付着していたゴミが一気に水槽内へ流れ込み真っ白に濁りました。
 お魚さんもビックした様子で普段より動きが速くなりました。
 そこで、慌ててもうひとつの植物性繊維でできたやつに替えてみたところ、なにやら泡みたいなものが流れ込み、お魚が右往左往しだしました。

 ありゃ様子がおかしいぞ???しかも普段ヒーターの取り付け吸盤の根元や水草に隠れている稚魚まで水槽いっぱいを泳ぎ始めたのです。
 こりゃーいかんと思い、バケツに新鮮な井戸水を汲んできてお湯で温度調節して全員一時非難させましたが、そちらへ移すころには、ネオンテトラは仮死状態です。
 グッピーは稚魚も含めてまだ泳ぎ回っていましたが、水槽の完全復旧(水槽、底砂、水草類やフィルターなど全部井戸水で洗い流して水槽立ち上げ直後の状態に戻した)時点ではテトラは3匹が仮死状態で7匹はご愁傷様でした。グッピーも1ペアがご愁傷様で、稚魚2匹は元気でした。

 リセットした水槽に戻して暫く様子を見ているうちに、ネオンテトラ・・そしてグッピーの稚魚もフラフラとあの世へ去ったのです。

 一気に濁ったのが悪かったのか、グッピーの稚魚よりも先にネオンテトラがフラフラしだしたことから考えて水質が急激にアルカリ性に変化したのが原因では?などと素人考えをしているところですが、あれやこれやと色々なことを一度にやったので根本原因はわかりません。
 ただひとつ言える事は、私が水槽の安定した環境を人的エラーで破壊したということです。反省&合掌

関連記事

2006年09月24日 23:59 トラックバック(0) コメント(4)

当ブログへ訪問いただきましてありがとうございました。
水槽が大変なことになってしまいましたね。
私も、水槽全滅等経験しましたので、辛さが見にしみて分かりますよ。
この失敗をバネにして、今後、魚達を☆にしないように頑張ってください。
応援しています!

2006年09月25日 10:45 ココス105 URL 編集

こんにちわ^^
水槽のトラブル大変でしたねぇ。
私も昔ほぼ壊滅させたことがあるのでその気持ちはわかります^^;
つらいですよねぇ・・・・

記事を読んでて気付いたのですが、恐らくフィルターに入れた素材に問題があったのではないかなぁ?っと思われます。
(あくまでも想像ですが)
台所用、掃除用etcの製品には洗浄力を上げる為色んな成分が含まれていることが多く、水に濡らすと徐々にその成分が溶け出したり、素材そのものが薬剤と一緒に形成されてるものもあると聞きます。
人間にとってはどうってことないレベルでも小さな魚にとっては致死量なレベルになることもあるので、できれば成分のはっきりしない物は水槽には入れない方がトラブルも減るとおもいますよ。^^;

それとアイビーさんの地域の井戸水の成分が不明なんですが、井戸水には雑菌、重金属など季節や天候によって成分が変わりやすいので、もし井戸水に特別なこだわりがないのであれば(事前に成分を調べて利用可と判断されているのならごめんなさいね^^;)
水道水でも十分飼育可能ですよ。
ていうより日本の下水上水レベルは世界トップレベルですから、塩素さえ抜いてしまえば十分すぎるレベルの飼育水になるとおもいます。
色々とおせっかいな事を書きましたけど、これも悲しい事故で☆になる魚が減ってほしいと思うのと、アイビーさんが、
『あーアクアリウムって面白くねぇや。』などと思ってしまい同じ趣味を持つ人が辞めていくのが寂しいと思ってのことなのでご容赦してください^^;

この貴重な経験をバネにして元気な水槽を維持してください。そしてまた可愛い写真もみせてくださいね^^)

2006年09月25日 12:51 まこっぴ URL 編集

みなさん、励ましのお言葉ありがとうございます。
また一から出直しで頑張ります。なんと言っても水つくりの大切さを実感した日でした。

2006年09月25日 14:21 アイビー URL 編集

アイビーさんもお彼岸は大変だったんですね。ご苦労さまでした。

稚魚2匹はまだ元気なのでしょうか?
なんとか、助かってくれるといいですね。

元気を出してください!

2006年09月25日 20:14 atsuii URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。