猫と水槽

LEDの実験のページです。

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 --:-- トラックバック(-) コメント(-)

LEDの実験

2009年09月22日 17:38

今日は算数のお勉強の時間です(笑)

LEDライトの製作に使うLEDのレンズは狭角タイプがいいのか広角タイプがいいのか??って考えているうちに角度、二等辺三角形、底辺なんて変な方向へ進んでしまいました



照明用として開発されたLEDは広角タイプがほとんどですよね!?

それは狭角だとスポットライトにしかならないからですが、水槽に設置するんだったらスポットライトでいいんじゃないかな?

だって水槽って狭い空間(水間!?)だから、わざわざ広角で照らす必要ないですよね??
メタハラなんかでもセードを調整して水槽が一番明るくなるように調整するはずです。
これはメタハラの光が強いから反射した光を有効に使う工夫をしているわけですが、○○mcdとかしかでないLEDの光源に反射光を期待するより、正面に出ていく光を効率よく当てたいですよね



ちなみに、借用してきたLEDライトは5mm砲弾型と呼ばれる一般的なLEDが使用されてます。
この5mmのレンズが15度だったり30度だったりして・・・60度クラスが広角と呼ばれているようです。



とりあえず先日1個のLEDだけ交換したやつで比較した写真を見てください。

5cm.jpg



10cm.jpg


15cm.jpg


20cm.jpg

20cmも離すとLED単体の影は見えなくなりました。

下に敷いてるのはA4の用紙ですから、20cm離したときに明るく見えているエリアは直径20cmくらいでした。


私の水槽の場合、高さ60cm、奥行き60cmで、照明スタンドから底砂までの高さは1mありますから15度タイプのLEDで直径30cm程度カバーしてくれてるはずです。
実際に今使ってる自作のプリンカップLEDライトで照らすと30cm程度が照らされるので前後2台のLEDライトでほぼ60cmをカバーし、これを左右と、中央に合計6台設置して全域をカバーしてます。
とは言っても明るく見えてる部分は直径20cm程度ですけどね


最近作ったLEDライトで実測してみました。
こんな感じで壁から70cm離れた所から当てて
70cm_1.jpg


明るい部分が14cmの目盛りから44cmの目盛りで丁度30cmでした。
これは中心から18個使用している国産15度のLEDの光です。

その周りに少し暗い10cmから50cmの目盛りまで照らしているのが台湾製の15度のLEDです。

勿論どちらも新品LED
拡大写真で比較してください


水槽の大きさやLEDライトを設置する位置と照らす部分との距離にもよりますが、どこぞの大水槽で無いかぎり狭角のLEDで光を集光させ目的のサンゴなりをスポット的に照らす使い方がよさそうですね

関連記事

2009年09月22日 17:38 トラックバック(0) コメント(4)

そうですね^^
LEDは狭角で良いと俺も思います!

2009年09月22日 21:38 ひで URL 編集

光が水面に入った時の屈折もありますし
広角、狭角のミックスも面白いかと
思いますね

2009年09月22日 21:42 イシス URL 編集

広角希望^^
むむむ! ミックスもイイね^^

2009年09月22日 22:41 たらふく URL 編集

■ひでさん■
ひでさんの30キューブだと1列に並べたLEDライトで真四角に作って、リングの照明みたいに吊すなんてのも有りですね^^
さすがにライン型のライトには広角ですかね(笑)


■イシスさん■
屈折率までは計算してませんでした(^^;;
硬化しつつある脳みそには刺激的な計算ばかりでボケ防止になるかも(笑)


■どこぞの大型水槽の方(笑)■
1個のLEDの明るさや照射角度を比較する実験は次回のリポートをお待ち下さい^^

実験結果で、中心のLEDを広角、外側の1列だけ狭角とか!?色々考えてみます(笑)

2009年09月23日 11:25 アイビー URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。