猫と水槽

クーラー連動計画のページです。

クーラー連動計画

2010年01月11日 18:49

まずは今朝の水槽から1枚

メタハラ点灯前の暗い水槽でしたが、ブルーエンゼルが自分より大きいサイズのホンソメに完全に体を預けてクリーニングしてもらってました。

ホンソメが居なくなったのも気づかないくらい長い時間横になったままヒレをひらひら(笑)

奥に映り込んでいるのはわかってましたが、昨日から何回も見てるのにシャッターチャンスを逃してばかりだったので撮影を強行しました

10011101.jpg




では早速、回路の調査を・・・

と基板を外してみると

部品の足が浮いてるんですがー

全く半田が乗ってない足が
10011102.jpg


もう保証期間も過ぎてるし、今更クレーム出しても仕方ないので自分で半田付けしました
10011103.jpg


その後実装されているICやトランジスタなどの部品と、温度センサーからの信号線、クーラーの電源線などを目視で追いかけ・・・

念のためシンクロスコープであちこち波形をチェックして・・・
10011104.jpg


結果的に、クーラーはリレー回路でオン/オフ → 想定内

起動はコレクタ接続で・・・

ベースにはマイコンからの出力

と言うわけで、片方のマイコンの出力をフォトカプラでもう1台のクーラーのリレー回路のスイッチへ連携させようと考えてます。
10011105.jpg


フォトカプラのデータシートとかを見て無いから、もう少し調べないと上の回路じゃリレーが起動しないかも

まっ、できるだけ簡単な回路で

誤動作しない程度のキャパを持たせれば

少しくらい雑な回路でもOKでしょう(爆)
関連記事

2010年01月11日 18:49 トラックバック(0) コメント(7)

え~~~っと
足が浮いてるってところまでしか理解不能ですが何か?^^
それにしてもさすがは中○製・・・。
っで、それでも作動してるところが恐いですが^^;
いらない部品なの?

2010年01月11日 19:20 たらふく URL 編集

■たらふくさん■
外れてた部品は中国製ですが、この基板の製造は韓国^^;;
中国の製造品は悲惨な状態を度々見てるから今回みたいなのも慣れてますが、2006.06.21製造だから、韓国はとっくに先進国の仲間入りしてる時期なんだけどなぁー^^;;
DAEIL COOLER Co.って釜山広域市になってるけどあんな観光地に電子関連の企業なんかあったかな???

で、外れてた部品はリレーの開閉に伴う一時的な起電力を消費させるやつで無くても動作はします。
ダイオードも入ってるので逆起電力からは回路も守られていて・・・

この部品が無いとリレーそのものの接点の寿命が著しく早くなる→コンプレッサーが入ったり切れたりチャタリングを起こす→リレーが壊れて→コンプレッサーが起動しなくなるって道を歩むのかな(笑)

PS.ZC-1000EとZC-1300Eの連動でしたよね!?
新しく仕入れたクーラーだと現地調査も必要ですが、この2機の連動ならこちらでもシュミレーションできます^^

2010年01月11日 20:04 アイビー URL 編集

札幌のね^^

2010年01月11日 20:43 ひで URL 編集

■ひでさん■
そうそう、魚大水槽のやつ・・・だったと思う(笑)

2010年01月11日 21:49 アイビー URL 編集

3枚目の画像以降、何がなにやら ∵。Д・゚∴・゛ボンッ!
とりあえず期待します♪(え?

2010年01月11日 22:43 おとと URL 編集

■おととさん■
後の2枚の写真はDIYらしくする為の飾りです(笑)

前日の予告のコメントにも書いたけど、実装面から部品見ただけで、温度センサー→オペアンプ→AD変換→カウンター→スイッチ→リレー って回路だと想定できたから、その通りになってるかパターン面を追いながらシンクロで波形を見ただけです^^


リレーが確か12VだったけどさすがにCE間にフォトかましたらリレーが動作しないかも(^^;;

2010年01月12日 08:14 アイビー URL 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010年01月12日 09:58 URL 編集












管理者にだけ公開する