猫と水槽

今できることからのページです。

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 --:-- トラックバック(-) コメント(-)

今できることから

2011年03月21日 10:16

東日本大震災の発生当日、私は東京へ出張で会議をしていました。
東京でも相当揺れましたが、東日本の人は地震に慣れっこになっているようで誰も席を立とうとしませんでした。


私は就職して九州の田舎から東京へ出てきて、研修中に震度3の地震を体験したのが生まれて初めての地震でした。
その時は揺れていることすら感じない(解らない、事態を理解できない)くらいで、何が起こっているのか見当もつかない状態でした。

そこで指導されたのが、地震の時は研修室のドアを直ちに解放することでした。
この経験は6年前の「福岡西方沖地震」を体験した時に活かされました。


地震発生時は立っていられないほど大きく揺れたのですが、偶然アイロンをかけていたコンセントをすぐに抜き、ガス栓を閉め、入口のドアを開けたまま外へ避難できたのです。
同時に、家族全員の携帯へ同報し、自分と長男は無事だと言うことと、みんなの安否を返信しろ!!とメールしました。
このメールは震災直後だったので全員がすぐに着信していたようですが、その返信は全く来ない状態で、すでに携帯がパンクしていたようです。

マンションの外に出ると、同じように入口の扉を開いたままにして(開いた状態ではロックできない扉なので、重い物で扉を支えて)室外へ避難している人が5世帯あり、あー、これが経験した人とはじめて地震を体験した人との違いなんだと思いました。

ドアを直ちに解放することは、地震で建物が被害を受けた場合に避難口が閉鎖されることを回避するためと教わりましたが、今回の地震では誰も扉を開こうともせず、それどころか揺れ具合を様子見ていてすぐに避難する行動にでなかったのです。

今回の会議には北関東からも多数の人が参加していたのですが、震度3程度の地震をたびたび経験すると慣れっこになっているのか、避難の動きも遅いと感じたし、毎年9/1に防災訓練で実施している安否確認の動きも遅かったようです。

私は14:56に会社へメールし

「東京でも大きな地震があり自分自身は無事であること、震源地は三陸沖でM8らしいとの情報」を発信しました。
この情報のを受けた全く揺れていない九州の会社側でもニュースを見ると同時に、関東、東北方面への出張者の安否確認が始まり、携帯電話やメールがつながり難い中、15:39~17:34にかけて全員の安否確認が完了しました。

一方、私はと言うと何事もなかったかのように会議が再開され、また揺れだすと中断して外へ避難と言った感じで夕方まで会議してました。
【外へ避難している最中に嫁さんへも自分が無事だということと、東京に住んでる孫(息子夫婦)が無事か確認しろ!!とのメールをしましたが返事は無し】

そして、会議が終了してから外へ出た時に辺りが暗く、人の流れが異様になりはじめていたのです。
その後の行動は前回の記事なんですが、あの記事を投稿している最中は津波の被害の大きさがこれほどまでとは知りませんでした。
丁度その頃、娘から18:41「今日は東京やったよね!?大丈夫だった!?」のメールを着信


今回、津波の被害にあわれた方々の中にも避難自体をしなかった人もいたとのことです。
役場の防災無線から必死に避難するよう呼びかけ津波にのみ込まれた職員がいらした話し、津波に関するハザードマップの作成や指導を続けられていた先生の指導を素直に実行した中学生と、中学生に連れられて一緒に避難した小学生が全員無事だった話し・・・

その時どう行動したかも大きく左右した事実を再認識し、正しい情報を広く伝えたいと思いますし私自身、防災に対する準備が必要だと感じました。

災害時の安否確認---人の心配をする=自分の安全を知らせるを迅速に行うこと!!を家族へ再徹底する必要があり、家訓として代々へ語り継ぎたいと思います。


そして、今何ができるか?
Y!ポイントはすべてNZ地震の義捐金に送って0ポイントだったので、JNBのへそくり口座の残高をすべてJNBの義捐金口座へ振り込みました。もちろん嫁には内緒です

東日本への足しにはなりませんがメタハラは消したまま、リビングの照明も半分、室内でもダウンを着てエアコンは消してます・・・と節電してます。

被災地では燃料も少なく寒く厳しい日々が続いていますが、何もできないので

【我が家のベランダから春のたより】
2011032101.jpg
東北の春ももうすぐです!!


そう、ACのCMにもある「思いは見えないけど、思いやりは誰にでも見える」
関連記事

2011年03月21日 10:16 トラックバック(0) コメント(4)

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011年03月21日 12:47 URL 編集

■管理人のみさん■
いろんなところで支援の輪が広がってますね!!

2011年03月21日 19:43 アイビー URL 編集

地震対策…大切な事ですね
地震当日は自分は新幹線内でしたので
状況がわからず苦労しました、、
今後皆で協力して頑張ってできる事は
頑張っていきましょー

2011年03月22日 15:43 イシス URL 編集

■イシスさん■
津波の被害にあった水族館が報道されてましたが、水槽とか濾過が停止しているため透明度がなくなるくらい悪化してました。

復電してる様子でしたが、モーターが水損してポンプが回らないとか言ってたと思います。
詳しい状況もわかりませんが、個人アクアリストの機材では役にたたないですよね(泣)

ゼンスイでもGEXでもいいからアクア用品メーカーで支援してくれるところは無いんですかね~
業務用の大型のポンプやモーターとかの予備をストックしてる水族館とか無いのかな~

チャームさんにも無いかな~

小型のスキマーでも数が集まれば濾過の足しにはなると思うけど・・・

2011年03月22日 20:50 アイビー URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。