猫と水槽

水温安定化システム^^のページです。

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 --:-- トラックバック(-) コメント(-)

水温安定化システム^^

2012年08月01日 07:00

みなさん、エアコンの仕組みはご存じですよね!?

冷媒(代替フロン)を室外機で冷たい液体にして室内機へ送る。これが、室内機の空気と接するアルミ製のヒダヒダが付いた銅管を右往左往しながら熱交換して、温まって気体なったものが室外機に戻る。

その結果、室内機の冷たくなったヒダヒダのアルミをすり抜ける空気は冷たく冷やされてファンで送風される。

そんなの当り前じゃんと言われそうですが・・・
では、水槽用のクーラーの仕組みは見たことありますか???、掃除する時に注意深くみると気づきますが、一般的には水槽からの水はクーラーのINから入ってOUTから出る。

このタンクの中にスプリング状のくるくる巻いた管が通っていて、ここが、熱交換をする唯一の場所です。
考え方はエアコンと同じ(当り前ですが^^;;;)ですが、熱交換を効率的に行えるようなヒダヒダも付いて無いし、管の材質もおそらくステンレスです。

これは、常時水中に浸かっている金属だから、腐食するものは使えないし、ましてや海水にも対応しないといけないので材質も構造も限定されるのだと思います。

話は長くなりましたが、うちの水槽は3台を別々の外部フィルターで回してるので、水槽クーラーも3台でしたが、この猛暑日が続く中1台が故障して回避策を考えた結果が

20120729135915.jpg


下の写真でわかりますか?
20120729183631.jpg



1台のクーラーでコンテナBOXの水を冷し、この水温の中をヒダヒダの付いた(表面積が広い)錆びないパイプがぐるぐると沈めてあります(爆)
ホームセンターではエアコンコーナーにドレインホースと言うネーミングで販売されている(水圧がかからないので、熱効率を優先して薄いシングル管を採用)ホースです(核爆)

このホースの中を水槽の水が通過して冷えていくのです。

水槽の水を直接冷媒管が通過して冷えやすより、熱効率が悪いだろうから旨くいくか半信半疑で製作しましたが
20120729183905.jpg


どの水槽も
20120729192347.jpg


ぴったり温度^^
20120729192405.jpg


水槽の水を直接冷さ無いので、水温も超安定してほとんど変化しません♪
20120729192931.jpg
関連記事

2012年08月01日 07:00 トラックバック(0) コメント(3)

へぇ~ っと感心しながら読んでいました。
少し構造を理解するのに、時間掛りましたが
経済的でシンプルですねぇ。
えぇ~86レポートそろそろ読みたいなぁ
何て思ってます、サーキット走行編 (*^^)v

2012年08月01日 14:53 ヒロ吉 URL 編集

すんばらすい^^

このコンテナboxを、発泡スチロールにすれば保冷性が上がってクーラーの負担も減るかも^^
変わらんかなぁ?(笑)

2012年08月01日 23:30 ひで URL 編集

■ヒロ吉さん■
構造は次回の記事へ^^;

86はロールバーを付けて無いからサーキット走行編はレポート出来ません・・・
体験走行じゃ公道と同じだしね(笑)


■ひでさん■
大型のクーラーBOXに穴を空けて作ろと思ったのですが、ちゃんと冷えるか半信半疑だったので2000円のコンテナBOXにしました(笑)

前回の排熱システムの材料の余りで、写真の様に発泡スチロールで周りを保温してます!

あっ、天板と底にしか見えないって?
これまた、ちゃんと機能したら足りない分を追加予定なんで、まだ未完成なのです(笑)

2012年08月02日 08:11 アイビー URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。