猫と水槽

水槽照明変更のページです。

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 --:-- トラックバック(-) コメント(-)

水槽照明変更

2013年05月03日 22:06

GWに水槽の照明を変更しようと計画してLEDライトなどをかき集めたところまでは以前書いてましたが、あのLEDライトは派手ハデ車(痛車)などに使われるアンダーネオン管のLEDタイプなんです。

だから一応防水だし、それなりの光量はあるみたいなのでアクア用照明として流用することにしました
変更前は40W直管タイプのLED蛍光灯は、通常のスターター式蛍光灯を改造して取り付けていましたが、水槽上部から蛍光灯までの距離が近すぎてメンテナンスしにくいので、今回はLED照明のみをクランプで取り付けようと、蛍光灯の器具はすべて撤去しました。

2013050301.jpg


こんな感じかなぁ~とイメージしながら
2013050302.jpg


1200mm蛍光灯タイプのLED照明と、1200mmアンダーネオン管の青色LED照明を交互に取り付け、余った900mmアンダーネオン管の青色LED照明を水槽奥側に配置
2013050303.jpg


点燈テストも良好
2013050304.jpg


ちなみに、天井にも光が届いているのがわかります
(昼間撮影した写真ですが、蛍光灯が明るいのでホワイトバランスで回りが暗く写ってます)
2013050305.jpg


以前は蛍光灯器具の安定器を取り外した部分に付けていたLED蛍光灯用の電源は、水槽台の上部に配置しました。

1台にまとめようとも思ったのですが、容量が小さい電源で丁度1本のLED照明の消費電流と同じ1.1Aしかなかったので2台とも設置して、それぞれのLED蛍光灯を点燈させます。(26.4W×2 ⇒ 実測値19VA×2)

左側のグレーの電源は・・・
2013050306.jpg


娘のWiiが壊れたのでACアダプタをいただき~

出力はDC12V 3.7A

こいつで、1200mm×2本と900mm×2本の合計4本のアンダーネオン管型の青色LED照明を点燈。
2013050307.jpg


アンダーネオン管の青色LED照明は3個のLEDが直列に接続され、調整抵抗があるだけの単純構造。

全部で52回路が並列接続されていたので、1回路20mA程度流れたとして・・・約1A(12W)なんで余裕です
2013050308.jpg


淡水水槽は三菱の11W LED電球2個(22W)
2013050309.jpg


今日はコケ掃除もしたし、水換えもしたので寄った写真を
2013050310.jpg


青色LEDを追加した効果で、マリンブルーの小さな海が広~く見えます
2013050311.jpg

今月から電気代も上がりますが、120水槽を維持していた頃は150Wメタハラ2台を点燈していたのに対し、この水槽台の照明は全部で約80W

裸電球1個分で、この明るさ
関連記事

2013年05月03日 22:06 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。