猫と水槽

ムサシ旅立ちのページです。

ムサシ旅立ち

2013年11月18日 05:29

2013/11/18 am04:30
家族全員に看取られて旅立ちました。
若かっただけに癌の進行が早く、発病が発覚してから約1ヶ月の闘病生活でした。

関連記事

2013年11月18日 05:29 トラックバック(0) コメント(5)

ムサシくん

頑張りましたね。

ご家族の皆様の愛情はしっかり伝わったと思います。

こんな事をいったら、とても不謹慎かも知れませんが、これでも肉体的・精神的・経済的な負担も最小限だったのではないでしょうか?

とてもみじかい命でしたが、最後までたくさんの愛情を受けてムサシくんもきっと幸せな生涯を全うしたと思いたいですね。

私も現在、雑種×4・アビシニアン×3、ベンガル×4、ロシアンブルーと大所帯ですが、経験上やはり純血種はなにかと先天性疾患の発症率が高いと感じています。

私感ですが、無理な交配が原因でペットショップはまずダメです。そして年に2回以上の交配をする経験の浅い自称ブリーダー、大量に生み出そうとしてはいけませんね。

私のベンガルは愛媛県松山市、アビシニアンは千葉県市原市の素晴らしいブリーダー様と巡り合う事が出来ました。
一番良いのは実際にお宅に訪問する事ですが、HPの環境からでもそれは読み取る事は可能です。
FIPや猫エイズ・癌等は避ける事は難しいですが、ブリーダ様からの発症歴の情報等である程度判断出来ます。
悪口は書きたくありませんが、正直ムサシくんのとこの出身の猫ちゃん達の悲しい情報をブログ等で目にします。
良い環境で育った純血種は本当に素晴らしいです。
特にベンガルやアビシニアンは性格・体格・毛並等すべてにおいて、満足出来るものです。

もし新しい家族を迎える際には、参考にしていただけましたら幸いです。

長文・乱文失礼いたしました。

2013年11月18日 08:01 けんけん URL 編集

■けんけんさん■

ご丁寧にありがとうございます。
ペット保険に加入していなかったので結構な負担になりましたが、家族も全員猫好きでムサシも立派な家族の一員として飼っていましたので経済的な負担は覚悟していました。

しかし、どんどん衰弱していくだけのペットを見守る家族の精神的な負担は半端じゃありませんでした。

家族はブログへ投稿すること自体を嫌がっていましたが、このブログを訪問する方の中には犬好き、猫好き、鷹好き・・・と生き物を飼っていらっしゃる方が多いので、いつかは死を覚悟しなければならないという事実も「ペットを飼う」心構えとして認識して欲しかったのと、親身になって治療してくださった動物病院の先生が調べてくださった酸素ハウスの件とか、情報として発信したかったので投稿しました。

けんけんさんからも初のコメントですが、コメントしなくとも訪問してこの事実を再認識されている飼い主の方もいらっしゃるのではないかと思います。

他のブリーダーさんに関してはあまり情報をもっていませんが、ムサシを迎えたブリーダーさんは、直接面会して家族を迎えられるという地理的な条件も合致したし、その後のフォローという点でも満足しています。

もちろん、ペットショップは論外です。

色々とご心配ありがとうございました。

まずは、お礼まで。

2013年11月18日 13:05 アイビー URL 編集

ムサシ、安らかに・・・。^^b

2013年11月18日 22:03 たらふく URL 編集

ムサシ君のご冥福をお祈り申し上げます。

2013年11月19日 00:06 パインテール URL 編集

■たらふくさん、パインテールさん■

お心遣いありがとうございます。
来年の2/22(ニャン・ニャン・ニャンの日)で3才の予定でした。
本当に急な出来事でしたし、短い命でしたが「ムサシありがとう」と家族全員で追悼しました。

2013年11月19日 12:24 アイビー URL 編集












管理者にだけ公開する